« # 桁違いな欺され方 | トップページ | # タスポと自販機 »

2008.06.19

# 「猿から進化」よりインパクトはでかい

科学が解き明かす真実。

リンク: asahi.com(朝日新聞社):脊椎動物の祖先はナメクジウオ 「ホヤ」との論争に決着 - サイエンス

ヒトなどの哺乳(ほにゅう)類や、爬虫(はちゅう)類、魚類などの脊椎は脊索が進化してできたとされ、ヒトも大きくはナメクジウオやホヤと同じ「脊索動物」に属する。これまでは最初にホヤが生まれ、その後、形態がより脊椎動物に近いナメクジウオが現れたと考えられていた。
研究チームは今回、ナメクジウオのゲノムをすべて解読して、約2万1600個の遺伝子を見つけた。これらを、すでに解読ずみのヒトやホヤのゲノムと比べたところ、ナメクジウオが最初に生まれたことが確認できた。

手塚治虫の『火の鳥・未来編』では、人類が滅んだ後でナメクジが一大進化を遂げたあげくに、今の人類を戯画化したような誤った道を辿って、ついには破滅へと至りました。

人類の未来ではなく過去の話だったんですね(ナメクジとナメクジウオはぜんぜん別ですが)。

04:11 午前 サイエンス |

はてなブックマークに追加

« # 桁違いな欺され方 | トップページ | # タスポと自販機 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 「猿から進化」よりインパクトはでかい:

» 脊椎動物の祖先はナメクジウオ 「ホヤ」との論争に決着 ナメクジウオのゲノム解読 トラックバック mitta's_blog:みったんブログ。
 背骨をもつ脊椎(せきつい)動物の祖先はホヤでなく、ナメクジウオだった。京都大、国立遺伝学研究所が米英などの研究機関とナメクジウオの全遺伝情報(ゲノム)を解読し、ヒトやホヤのゲノムと比べた結果、進化の順番が明らかになった。19日付の英科学誌ネイチャー(電子版)に発表する。朝日新聞2008.6.19朝刊 続き http://www.asahi.com/science/update/0619/TKY200806180356.html... [続きを読む]

受信: 2008/06/19 6:39:36

コメント

ホヤはうまいですね~♪ あやうく共食いになるところでした。

ホヤは見た目ナメクジウオより下等に見えて、実はナメクジウオより高等というのは生物の神秘です。

投稿: 竹花です。 | 2008/06/19 15:00:05

共食い wwww ホヤはあまり食する機会がありません。

投稿: baldhatter | 2008/06/19 19:09:50

この記事へのコメントは終了しました。