« # これは異類婚......だよね | トップページ | # 辞書は多い方がいい »

2008.04.25

# 学天則ですよ

「せんとくん」に勝るとも劣らないぶっとびセンスのキャラクターが、早くも昭和 3 年には出現していました。

リンク: 東洋初のロボット「学天則」を復元 - MSN産経ニュース

80年前に大阪で制作された東洋初のロボット「学天則」の復元作業が終了し、大阪市立科学館(北区)が24日、報道陣に公開した。まぶたを閉じたり、ほおを膨らませたりする親しみやすい表情が特徴で、7月18日から改装後の同館の目玉企画として一般公開する。
学天則は生物学者の故・西村真琴氏が昭和3年に制作。チェコの作家が「ロボット」という概念を提唱した直後で東洋初のロボットとされる。本物は同6年、欧州の博覧会に出品後、行方不明になっている。

このファンキーなデザインは、先行者にも十分対抗できます。

学天則(學天則)は、荒俣宏原作、実相寺昭雄監督の映画『帝都物語』にも登場したので、撮影用ならそのときすでに作られているはずですが、今回は可動モデルです。

製作した西村真琴博士が俳優の西村晃のご父君であるというのも有名で、『帝都物語』ではその西村晃が父親である西村真琴博士を演じていました。

同館に展示中の模型を見た子供らから「動くところが見たい」という声が寄せられ、市が昨年度2100万円の予算を計上。西村氏の次男で俳優の故・西村晃さんが学天則の動きをまねた写真などの資料もヒントに1年がかりで復元した。
新学天則は高さ幅ともに約3.2メートル。本物と同じ金色の半身像で、内部のゴム管に圧縮空気を送ることで、表情を変えながら首や腕を動かす。同館の長谷川能三学芸員(41)は「親しみやすい人間型ロボット。できるだけ多くの人に見てもらいたい」と述べた。

「西村晃さんが学天則の動きをまねた写真」って、公開してほしいです。

08:24 午前 文化・芸術サイエンス |

はてなブックマークに追加

« # これは異類婚......だよね | トップページ | # 辞書は多い方がいい »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 学天則ですよ:

» 東洋初のロボット学天則が復元! トラックバック 機械技術教育の実践と研究
ここ3年ほど1年生の授業で取り上げていた東洋初のロボット学天則。今日がその1回目の授業だったのですが、朝、新聞を拡げたら写真が載っていたのでビックリ!早速、授業のネタにしました。ええ、この複製模型が大阪の博物館にあることは一度見に行ったこともあるので知っ....... [続きを読む]

受信: 2008/04/25 23:21:54

コメント

くいだおれ太郎と一緒に置くと変遷が見て取れるかと思います。

投稿: 竹花です。 | 2008/04/26 14:20:19

> くいだおれ太郎と一緒に

その図を真夜中に見たら、ものすごくコワイんじゃないかと想像します。

投稿: baldhatter | 2008/04/27 1:07:24

それこそ帝都物語です。

投稿: 竹花です。 | 2008/04/28 0:38:45

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)