« # e-Tax のバカさかげん | トップページ | # e-Tax についてもう一言 »

2008.03.22

# 公的個人認証サービス

e-Tax の初期登録で、もうひとつ非常に判りにくい点を書いておきます。

・住基カードを発行してもらう。
・IC カードリーダライターを買う(ドライバもインストールする) 。
・e-Tax のサイトで、「開始届出書」を作成し提出する。
・e-Tax ソフトウェアをインストールする。

ここまで済んだら次に、インストールした e-Tax ソフトを使って、住基カードに登録されている「電子証明書」のデータを登録する、つまり認証局というところに送信するわけですが、ここんところの説明が不親切すぎます。

e-Tax ソフトを起動して、[利用者情報登録]→[電子証明書登録]に進み、手順どおりにカードを入れましたが、ここでこんなエラーが出ます。

ICカードを認識できませんでした。設定を確認の上、再試行してください。

実は、IC カードを使って電子証明書のデータを送るには、「公的個人認証サービス」を使うためのクライアントソフトウェアというのが、e-Tax ソフトとは別に必要なのでした。でも、そのことが e-Tax のサイトにはちゃんと書いてない(FAQ を探すと出てくるらしい)。

ということで、なんとか準備はできましたが、実際に申告書類を作る段階になったら、また何かおバカなことが出てきそうな予感 200% です。

01:46 午後 パソコン・インターネット日記・コラム・つぶやき |

はてなブックマークに追加

« # e-Tax のバカさかげん | トップページ | # e-Tax についてもう一言 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 公的個人認証サービス:

コメント

一発でうまく行った試しがありません。
これに何億円かかってるんだと突っ込みたくなります。
第三セクターがうまく行かないわけです。

投稿: 竹花です。 | 2008/03/22 15:32:03

e-Tax準備レポ、ありがとうございます。これを読んで、やっぱりe-Taxはやめようと決心しました。絶対に準備段階で挫折します。(笑)
お役所仕事のセキュリティ管理は、どれほど厳重にやってるようでもどこかに穴がありそうで不安だし。
幸い、税務署は自転車で行ける距離なので、来年も自分で提出しに行ってきます。

投稿: Ado | 2008/03/22 17:02:00

> 第三セクターがうまく行かない

2 つ以上の組織が絡むと、システム構築の段階ですでにおかしなことになっているに違いありません。

> 税務署は自転車で行ける距離

あぁ、それは羨ましい。ウチの管轄税務署は、ひどく不便なところにあって...

投稿: baldhatter | 2008/03/22 17:16:33

> これを読んで、やっぱりe-Taxはやめようと

いえ、あの。これを読めば少しは導入の役に立つかと思ったんですけど...アンチキャンペーンになっちゃったようで :)

投稿: baldhatter | 2008/03/22 17:19:35

最終的にはすべてe-tax化されると思います。
できておいて損はないと思います。

投稿: 竹花です。 | 2008/03/22 17:26:28

この記事へのコメントは終了しました。