« # Firefox のセーフモード | トップページ | # ウルトラセブンの BGM »

2008.03.16

# 偉大な標的

リンク: 「サンテクジュペリ機を撃墜」元独軍パイロットが証言 : 文化 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

サンテクジュペリは、まだどこかの砂漠で飛行機を修理しているのだと、ずっと思っていたかったな。

【パリ=林路郎】仏誌フィガロ(週刊)などは15日、第2次大戦中、連合軍の偵察任務でP38戦闘機を操縦中に消息を絶った童話「星の王子さま」の著者アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ(1900年~44年)について、同機を「撃墜した」とする元ドイツ軍戦闘機パイロットの証言を伝えた。
元パイロットは、ホルスト・リッペルトさん(88)。44年7月31日、メッサーシュミット機で南仏ミルを飛び立ち、トゥーロン上空でマルセイユ方向へ向かって飛んでいる敵軍機を約3キロ下方に発見。「敵機が立ち去らないなら撃つしかない」と攻撃を決意。「弾は命中し、傷ついた敵機は海へ真っ逆さまに落ちていった。操縦士は見えなかった」と回想している。
敵機の操縦士がサンテグジュペリだったとはその時はわからず、数日後に知った。リッペルトさんは、「あの操縦士が彼でなかったらとずっと願い続けてきた。彼の作品は小さいころ誰もが読んで、みんな大好きだった」と語っている。
サンテグジュペリの操縦機は2000年に残骸がマルセイユ沖で見つかったが、消息を絶ったときの状況は不明だった。仏紙プロバンスによると、その後テレビのジャーナリストとして活動したリッペルトさんは友人に、「もう彼のことは探さなくてもいい。撃ったのは私だ」と告白したという。

この操縦士が 60 年以上抱えてきたものも、さぞ大きかったでしょうね。

1900 年 6 月 29 日ローヌ河畔の都市リオンに生まれ、1944 年 7 月 31 日、地中海の戦線で姿を消したと一般に言われている人です。
(岩波少年文語版、訳者・内藤濯による後書きより)

07:11 午後 社会・ニュース |

はてなブックマークに追加

« # Firefox のセーフモード | トップページ | # ウルトラセブンの BGM »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 偉大な標的:

コメント

証言したパイロットはエライです(存命だったとは)。戦勝国ならいざしらず 敗戦国のパイロットですから非難を浴びるの覚悟してのことだと思います。これを言うためにあの戦争を生き残れたのかもしれませんが。

投稿: 竹花です。 | 2008/03/17 0:56:04

> これを言うためにあの戦争を生き残れたのかもしれませんが。

ああ、そーかもしれませんね。

投稿: baldhatter | 2008/03/18 10:29:49

この記事へのコメントは終了しました。