« # まさか自分が | トップページ | # 日常的なラテン語 »

2008.03.31

# 汎グリッシュ

なるほどね。これは十分ありうることだと思います。

リンク: 英語は今後100年の間に「English」から「Panglish」へ変わる - GIGAZINE

"Panglish" という単語は、もちろんまだ辞書にありません。

GIGAZINE の翻訳引用には判りにくい部分があるので、以下、原文ニュースを引用しておきます。

English as it is spoken today will have disappeared in 100 years and could be replaced by a global language called Panglish, researchers claim.
New words will form and meanings will change with the most dramatic changes being made by people learning English as a second language, says Dr Edwin Duncan, a historian of English at Towson University in Maryland, in the US.
According to the New Scientist, the global form of English is already becoming a loose grouping of local dialects and English-based common languages used by non-native speakers to communicate.
By 2020 there may be two billion people speaking English, of whom only 300 million will be native speakers. At that point English, Spanish, Hindi, Urdu and Arabic will have an equal number of native speakers.

今の英語やドイツ語だって、もともとはゲルマン語の方言なわけですから、その中で使用人口も分布域も最大となった英語が、こんどはいろいろな方言として分化していくとゆーのはアリな話です。

そーなると、私らもいろいろと崩れた英語を相手にしなくてはならなくなるのかな。

10:51 午後 翻訳・英語・ことば |

はてなブックマークに追加

« # まさか自分が | トップページ | # 日常的なラテン語 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 汎グリッシュ:

コメント

Panglish 中世ヨーロッパのラテン語みたいなものでしょうか。

英語とアメリカ語と比べると、アメリカ語はかなりいろんな国の言葉が入っていると思います。chop-chop, schmuck, long time no see
とか。

ジャマイカ人と英語とかみたいになるんでしょうかね。
あれはさっぱりわかりません。

投稿: 竹花です。 | 2008/03/31 23:57:40

中国の人が話す英語は聞きやすいですよね。インドの人のは苦労することが多い。

投稿: baldhatter | 2008/04/02 10:22:58

この記事へのコメントは終了しました。