« # 「偽」の年にふさわしく | トップページ | # 世界一の闇 »

2007.12.25

# パトラッシュ、ぼく疲れたよ

リンク: 「フランダースの犬」日本人だけ共感…ベルギーで検証映画 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

原作は英国人作家ウィーダが1870年代に書いたが、欧州では、物語は「負け犬の死」(ボルカールトさん)としか映らず、評価されることはなかった。米国では過去に5回映画化されているが、いずれもハッピーエンドに書き換えられた。悲しい結末の原作が、なぜ日本でのみ共感を集めたのかは、長く謎とされてきた。ボルカールトさんらは、3年をかけて謎の解明を試みた。資料発掘や、世界6か国での計100人を超えるインタビューで、浮かび上がったのは、日本人の心に潜む「滅びの美学」だった。

「滅びの美学」……とは違うでしょ、と日本人の私は思いますが。

ちなみに、タイトルにも使った有名な台詞、正確にはこうです。

「パトラッシュ、疲れたろう。僕も疲れたんだ。何だかとても眠いんだ。」

01:56 午後 アニメ・コミック・サブカル |

はてなブックマークに追加

« # 「偽」の年にふさわしく | トップページ | # 世界一の闇 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # パトラッシュ、ぼく疲れたよ:

コメント

「滅びの美学」だったら、日本沈没の
 『このまま、何もせんほうが、ええ』(渡老人と山本総理の会話)
を挙げたいです。
幼少のころ、原作を読んだときかなりの衝撃を受けました。

「フランダースの犬」は観たことがないのですが、懐かしのアニメ番組でラストシーンはよく流れてますよね。
幼少のころ「フラダンスの犬」と呼んでおりました(^_^;)。

投稿: ishida | 2007/12/26 9:41:04

グーグルのページに勝手に出る「痛いニュース」で見ました。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1071809.html
ここのコメントが面白かったです。

まあアチラでは仏教も、真面目な研究者からさえ敗北主義哲学と言われてましたから、納得です。
勝つか負けるか、生きるか死ぬか、正義か悪か…これらの二分法は実はジャンル別になってない。彼らの脳内備えつけカードボックスが最初から二つしかないんですよ。だから勝つ=生き残る=正義となるし、進化論肯定=聖書否定=キリスト教の敵=同性愛および中絶の肯定、とここまで一緒くたにされる。かつてはここに共産主義もばっちり入ってましたしね。

ところでOuidaとは随分変わった名前だと思ったら、女流作家のPseudonym(偽名、筆名)でファーストネームなし、だったんですね。初めて知った。ついでに少年の名はNelloで、やっぱりローマ皇帝Neroとは違いました。

投稿: ハーブ | 2007/12/26 15:59:20

ishida さん、ハーブさん、それぞれ面白いコメントありがとうございます。

> 懐かしのアニメ番組
あの手の番組、進歩のなさが目に余るのでほとんど見ないのですが、この作品は常連みたいですね。

>『このまま、何もせんほうが、ええ』
老人の台詞だけでなく、科学者チームが提出する選択肢の中にもこのオプションがありますね。リメイクの『日本沈没』でもそこは踏襲していましたが、全体がダメダメすぎました。

> 敗北主義
つまりはそこにカテゴライズされちゃうんですね。貧しい。

> 少年の名はNello
はい。だからバージョンによっては「ネッロ」という発音困難な名前になっています。

投稿: baldhatter | 2007/12/26 17:33:14

「無常(儚さを哀れむ)」は「敗北」としか訳す以外にないかもしれません。

我々もヨーロッパ人も根底は一緒なんでしょうが、異文化を自分たちの視点から理解しようとすると言語(道徳観?)の壁を越えられない部分があるのでしょう。

投稿: 竹花です。 | 2007/12/26 22:59:34

私にとっては「マッチ売りの少女」と並ぶ、救いのない「お話」です。「幸福な王子」ならまだわかる気がしますが。
でも、日本でのみ共感を集めた、って本当なのかな。そもそも日本人の作品ではないということには、触れなくていいんでしょうか。

投稿: みっち | 2007/12/27 16:47:40

日本人みたいな感覚のヨーロッパ人もいると思いますし、日本人でもフランダースの犬を見て面白いと思わない人もいると思います。

納豆を食べない日本人もいれば、納豆が大好きなアメリカ人もいます。

私はトロが嫌いで赤身が好きです。

投稿: 竹花です。 | 2007/12/28 2:25:08

> 言語(道徳観?)の壁

たしかに、その壁は厚くて高いです。と言うより、多くの人が壁の存在に気づいてすらいません。

> 日本でのみ共感を集めた、って本当なのかな

その辺りの検証もいい加減かもしれませんね。

> 「マッチ売りの少女」と並ぶ、救いのない「お話」

どちらも、最後で「神に召され」ているようなので、彼らにとってはちゃんと救いなんでしょう。

投稿: baldhatter | 2007/12/28 2:36:00

この記事へのコメントは終了しました。