« # 8 ビット時代 | トップページ | # 欲望に忠実 »

2007.11.04

# 学士様

...という呼び方が過去のものになって久しいとは言え、この状況は、いやはやなんともであります。

リンク: asahi.com:学士号急増580種 文科省、ルール化検討へ - 社会

「カルチュラル・マネジメント学」「情報アーキテクチャ学」「人間環境マネジメント」――。いずれも大学の学部を卒業すると得られる学士号の専攻名だ。その数は少なくとも580で、6割は全国で一つしかない。文部科学相の諮問機関、中央教育審議会などは「名前から何を学んだのか分かりにくく問題だ」などと指摘。文科省は専攻名がこれ以上むやみに増えないよう一定のルールを設ける検討を始めた。

このほかにも、朝刊に載っていたデータによれば、「コミュニティ振興学」、「ホスピタリティ・ツーリズム」などがあるそうな。

 専攻名が急増したきっかけは、91年の大学設置基準の大綱化だ。文学士や法学士など29に限られていた専攻名の縛りがなくなった。折しも少子化が進み、各大学は受験生を集めようと新しい学部や学科を次々と設置。カタカナを使った長い名前も多く出現し、それを専攻名に使うケースが増えた。

学生数の確保が動機らしいわけですが、本当に効果があったのかどうか、はなはだ疑問です(もし実際に効果があったのだとしたら、そっちの方が私には謎ということになるのですが)。

各大学の、それなりの方々が真剣に議論を重ねた結果として「△△学科は日本でも本学にしかない。これで生徒が集まる」と、はたして本気で考えたのか? 受験生のみなさんは、募集要項を読んで「○○学科ってカッコイイな。ここ受けよう」などと、しゃれでなく思うものなのか。

その辺りの状況が、学士号に限らずあらゆる資格というものに無縁無関心な私には、ちょっと想像すらつかないのでした。

06:20 午後 社会・ニュース |

はてなブックマークに追加

« # 8 ビット時代 | トップページ | # 欲望に忠実 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 学士様:

コメント

アメリカとかの場合BAとBSあとビジネスの学位(?)ぐらいじゃないですかね。生物界におけるカンブリア爆発のようです。

★★「国際」大学の「国際」と「銀座」★★などは本当に集客に影響するようです。
あと「北海道の」乳製品。

北海道の牛乳は本州の酪農家を守るために生乳で出せないという理由から加工品として大量に使われるようになったという話を聞いたことがあります。本州の牛乳も北海道の牛乳も違いがわかりません。

投稿: 竹花です。 | 2007/11/04 21:17:17

> 「北海道の」乳製品

あ、本州人として、それはあるかもしれません。いかにもその効果を狙ったみたいな商品だと避けていますが。
「本州の酪農家を守るために」って、同じ国内で妙な理屈ですよね。

投稿: baldhatter | 2007/11/04 23:14:38

この記事へのコメントは終了しました。