« # 著作権なんて黄河に流しちゃいました | トップページ | # 父、宇宙へ »

2007.10.01

# SHUTDOWN ABORT

こーゆー記事って微妙ですね。

リンク: 神戸新聞のシステム障害はオラクルDBの問題、修正プログラム配布へ:ITpro

神戸新聞のシステムは業務終了時の処理としてデータベースを「強制終了(shutdown abort)」する仕様となっており、同社側に運用面での問題はなかったという。

「強制終了」と言えば、一般の感覚では "絶対にやってはいけない操作" もしくは "あまりお奨めできない操作" の代表格なわけで、こう書かれると Oracle DB の仕様におおいに問題があるという印象です。

しかし、Oracle データベースの場合 "SHUTDOWN ABORT" は Windows などの「強制終了」とはちょっとニュアンスが違っています。

マニュアル(10g管理者ガイド)を見ると、"SHUTDOWN ABORT" コマンドを使うのは次のような場合と書かれています。

・データベースを即時停止する必要がある場合(たとえば、電源停止が1分以内に起こることがわかっている場合)
・データベース・インスタンスを起動するときに問題が発生した場合

つまり、緊急停止には違いありませんが、Windows の強制終了ほどマズくはないということです。

さすがに、一般新聞ではこのコマンドにまで触れている記事はないようですね。

02:29 午後 |

はてなブックマークに追加

« # 著作権なんて黄河に流しちゃいました | トップページ | # 父、宇宙へ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # SHUTDOWN ABORT:

コメント

ニュースを見たとき、
いまいちよく分かりませんが、
この説明でわかりました。

投稿: 竹花です。 | 2007/10/01 22:56:26

今回のニュースはたまたま自分の知っている分野だったので理解できましたが、こーゆーケースを考えると、ふだんの報道で自分が気づいていないこともたくさんあるんだろうなと思います。

投稿: baldhatter | 2007/10/02 18:04:35

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)