« # 世界征服の次はダイエット | トップページ | # 負けるな、ププ »

2007.08.18

# 代行……白状します

リンク: 1文字5円、卒論に代行業者…大学は「見つけたら除籍」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

これまでに300件近い問い合わせを受け、実際に100件以上を請け負ったという。2万字程度のリポートで10万円、発表会のための個別指導を含む卒論執筆だと35万円からという料金設定にしている。

けっこういい商売 :P

もう時効でしょうから白状しますが、中学生のとき校内弁論大会というのがあって、それに出ることになった友人に頼まれて、500 円で原稿作成を代行したことがあります。

その 500 円で、エリック・クラプトン "Knockin' on Heaven's Door" のシングルを買いました。

08:23 午後 社会・ニュース |

はてなブックマークに追加

« # 世界征服の次はダイエット | トップページ | # 負けるな、ププ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 代行……白状します:

コメント

>Knockin' on Heaven's Door
Guns'N Rosesのしか聞いたことがなかったです。オリジナルはクラプトンでしたか。

英和翻訳を頼まれたとき、あれは実は会社がその人の英語スキルを見るためだったのだとあとで知ったことがあります。その人は希望通り転職できました。めでたしめでたし…のようです。英語関連の仕事はしてないようなので。

2万字程度のリポートで10万円は拙者の能力では不可能です。

投稿: | 2007/08/18 21:48:05

> オリジナルはクラプトンでしたか。

いえ、オリジナルはボブ・ディランです。
『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』(原題: PAT GARRETT AND BILLY THE KID)というサム・ペキンパーの映画があって、ボブ・ディランが音楽を担当しました。Knockin' on Heaven's Door(邦題『天国の扉』)はそのときの挿入歌です。

オリジナルはいかにもディランらしい歌詞と曲でしたが、クラプトンはこれをレゲエ仕立てにしちゃいました。どちらも名曲です。

投稿: baldhatter | 2007/08/18 23:57:28

夏休みの自由研究の展示会へ行くと、お父さん、がんばったんだね~、という作品がけっこうあります。親子の絆を高めるチャンスととらえればほほえましいですけど、他力本願の助成とも思えなくない……。耳が痛いなあ。

投稿: | 2007/08/19 11:58:47

ボブ・ディランでしたか。

サム・ペキンパーといえば「地獄のはらわた」。

すごいビリー・ザ・キッドなんでしょうね~

投稿: | 2007/08/19 12:56:44

> 夏休みの自由研究の展示会

今でもそーゆーのやってるんですね。
学校の宿題は未だにプリントアウト不可、手書きしなきゃいけないので、親は手伝ってあげられません。

投稿: baldhatter | 2007/08/19 15:12:55

> すごいビリー・ザ・キッド

キッドより、どちらかというと彼を追跡する保安官パット・ギャレット(ジェームズ・コバーン)の執念を描いた映画です。

投稿: baldhatter | 2007/08/19 15:16:25

これくらい時間が経てば誰も読まないかな、とこっそり。

一度も報酬をもらったことはないけど、小学校の夏休み感想文に始まって、泣きつかれては代筆したこと数え切れません。卒論はもちろんのこと、修論・学会発表のためのレジュメ書き、海外なんとかプログラムにapply forする手紙まで。
懺悔だか自慢だかわからない自分語りゴミ、すみません。王様の耳はロバの耳!ってことでお許しを。

投稿: | 2007/08/24 11:51:55

> 小学校の夏休み感想文に始まって

それはちと早すぎます。もちろん頼む方も問題ですが。

投稿: baldhatter | 2007/08/24 19:41:13

あーこの時期、懐かしい思い出ですね。
夏休みの宿題を一家総出で手伝うのは、普通ではないのですか?
妹が高校を卒業するまで、宿題をよく、やらされていました。
夏の練習帳、絵日記はもとより、美術の課題(私は音楽選択なのに)、自由研究で「野草観察」と称する植物図鑑の模写etc.読書感想文は自分では本を読まず、数年前の私の感想文から、あらすじ部を読んで書いていたようです。
8月25日に「実はコレが」と数学の問題集を出されて、半徹で仕上げたことも。もはや清書するヒマはないので、私の筆跡でダイレクトに書き込んで、最後のほうは時間切れで2問に1問程度、汚しておけばいいだろうという突貫仕事(泣
「一方的に手伝わされるばかりで、不公平だ」と抗弁したが、母に「姉が妹の面倒を見るのは当たり前」で一括されました。なんか、間違っている気がする。

投稿: | 2007/08/27 1:59:11

> 2問に1問程度、汚しておけばいいだろうという突貫仕事

題名も作者も思い出せませんが、何かの児童向け小説でも夏休み最後の日にあわてて「ノートを汚した」という話がありました。家族の範囲で、しかも無償ならセーフですね。

投稿: baldhatter | 2007/08/27 8:14:07

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)