« # 時をかける逆さ少女 | トップページ | # NHK のアニメ枠 »

2007.08.25

# "感染" するのはどっちか

「~に感染する」という日本語の使い方が思いのほか難しいらしいことを発見しました。

国語辞典の定義でははっきりしませんが、実際の用例を見ていくどうやら、

 1. <病気に> かかること
 2. <病気が> うつること

と 2 つの用法があるようです。

 - 子供が、インフルエンザに感染しました。(=かかりました)
 - 馬インフルエンザは、人間に感染しますか?(=うつりますか)

なんでこれに気付いたかというと、"infect the network" という英語を訳そうとしていたからなのでした。
上記の例と同じく、コンピュータやネットワークの場合にも

 - ネットワークがウイルスに感染した。
 - ウイルスがネットワークに感染した

と両方の用例が見つかります。ただしこちらの場合、「かかる」/「うつる」で説明するとちょっと不自然なようで、前者は「侵入された」、後者は「侵入した」と言い換えた方がピンときます。

09:58 午後 パソコン・インターネット 翻訳・英語・ことば |

はてなブックマークに追加

« # 時をかける逆さ少女 | トップページ | # NHK のアニメ枠 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # "感染" するのはどっちか:

コメント

ネットワークが感染というのをよく目にしますが、英語の直訳だったとは知りませんでした。

投稿: 竹花です。 | 2007/08/25 22:50:50

> 英語の直訳

なのかどうか知りませんが、virus、worm、infect、remediate、Trojan...とネットワーク用語は比喩ばっかりではありますね。

投稿: baldhatter | 2007/08/27 8:16:18

この記事へのコメントは終了しました。