« # "感染" するのはどっちか | トップページ | # 翻訳雑誌 - 字幕屋本のその後 »

2007.08.26

# NHK のアニメ枠

土曜朝の時間帯(衛星アニメ劇場)もそーですが、NHK って、なんでアニメの放送枠に

生身の人間を登場させたがる

んでしょうね。番組の開始前に、お兄さんお姉さんが意味のないおしゃべりをして、最後には声を揃えて「どーぞー!」とか言うの、思いきり煩わしいだけで、ちっともありがたくないんですけどね。

8/25 に放送された「電脳コイル自由研究」も、ぜんっぜん面白くなかったです。1 クール終わった今、これから観たい人のためのガイド番組という意図はわかりますが、それならただダイジェスト版でも流した方がよほどマシ。声優が顔を出してきておしゃべりするのも、個人的には大嫌いです。こら、そこっ!

わざとらしくメガネかけてんじゃねえよ

サッチーの張りぼてまで出してくるし...。番組の最後はやっぱり二人揃ってかけ声かけてるし。なんとゆうか、典型的に NHK 的なセンスの悪さ爆発。

直接関係はありませんが、マンガ夜話からスピンオフした「アニメ夜話」も、基本的につまらないですね。ついでに言うと、『精霊の守り人』も第 19 話で決定的に駄作となりました(少なくとも、主人公が原作とはまったく別の人間になりました)。

コイルは最後までレベル維持してほしいと願うばかりです。

03:32 午後 アニメ・コミック・サブカル |

はてなブックマークに追加

« # "感染" するのはどっちか | トップページ | # 翻訳雑誌 - 字幕屋本のその後 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # NHK のアニメ枠:

コメント

>『精霊の守り人』も第 19 話で決定的に駄作となりました(少なくとも、主人公が原作とはまったく別の人間になりました)。

ひどいことになっていますよね・・・
放映より前、決まった時から原作ファンとしてさんざん心配したが、作者自身があれだけ満足していたし、実際上々の滑り出しで心底嬉しかっただけに、現在の失望と怒りは相当なものです。表立って文句を言う気力もないほどなので、自サイトでは何もコメントを出していません。

投稿: ハーブ | 2007/08/26 18:18:55

ひどかったです…
「自由研究」というより「広告代理店のプレゼン」みたいでした。
30分間、脳内が怒りのダークフォースに包まれました。
最後は暗黒皇帝みたいに両手から青いビームでるかと思いました。
ダイチの自由研究「フミエ日記」とかだとかなり面白かったかも知れません。

>『精霊の守り人』も第 19 話で決定的に駄作
「親に手をあげる子供が…」のあたりですか?

投稿: 竹花です。 | 2007/08/26 18:52:05

>>「電脳コイル自由研究」

見ようと思っていて忘れてしまったんですが、どうやらその方が良かったみたいですね。(^^;
見逃した分についてはDVD化または再放送を待ちます。

>>『精霊の守り人』
しばらく前から感じていた違和感がこのあたりで一気に……。原作ファンとしては残念です。
実写版の話もあるんですよね。心配です。

投稿: Ado | 2007/08/26 20:29:06

> 実際上々の滑り出し

今思うと、実際の出来以上に制作サイドの売り込み攻勢が強かった感があります。天下の電通が関わるとこんなことになるのかな。

> 「自由研究」というより「広告代理店のプレゼン」

しかも買い手がつきそうにないレベル。

> 「親に手をあげる子供が…」のあたり

ヒヒ。まさにそのあたり。かりに原作を持ち出さないとしても唐突すぎる展開でした。

> しばらく前から感じていた違和感

序盤を過ぎてオリジナルストーリーをえんえんと続けていたあたりがすでに黄色信号でした。

「コイル」の原作は読んでいませんが、「守り人」の方は原作付き映像化のいちばんイヤな形を突き進んでいます。原作の魅力に "及ばない" のは許容できますが、制作スタッフの勝手な思い入れ --- しかも多くの場合は頭の悪い --- で原作にない要素を付加するのは、ほんとに勘弁してほしいものです。

投稿: baldhatter | 2007/08/27 8:30:25

>>制作スタッフの勝手な思い入れ --- しかも多くの場合は頭の悪い --- で原作にない要素を付加

まさにその通りですね。放映が始まる前の特番で、「ストーリーの半分はオリジナル」と聞いて「??」と思っていたのですが。「ナルト」のテレビ版もオリジナルストーリーは面白さ激減でした。「魔女の宅急便」のように、いっそ原作とはまったく別の物になってしまった方が良いのかもしれませんね。

投稿: Ado | 2007/08/27 15:09:12

>しかも買い手がつきそうにないレベル。
まったく人気声優なぞモビルスーツの脚みたいなもんだと、偉い人にはわからんのです。

>「コイル」の原作は読んでいませんが
コイルはアニメが原作で、小説はノベライゼーションだそうです。

精霊の守り人の主人公が草薙素子にしか見えません。

投稿: 竹花です。 | 2007/08/27 23:57:53

> いっそ原作とはまったく別の物に

それができるだけのオリジナリティがあるなら、なにも"原作" を使う必要はないわけで。オリジナリティがないのに妙な色気を出すから始末が悪いんでした。

> 人気声優なぞモビルスーツの脚みたいなもんだ

あはは、スルドイ(ウチのヨメにはこの表現も意味不明だそうです)。

投稿: baldhatter | 2007/08/28 19:27:18

>>人気声優なぞモビルスーツの脚みたいなもんだ

>あはは、スルドイ(ウチのヨメにはこの表現も意味不明だそうです)。

これならどうでしょう。

世界陸上の織田雄二みたいなものだ。

紅白のギンギラギンの小林幸子みたいなものだ。

投稿: 竹花です | 2007/08/28 22:53:55

> これならどうでしょう。

織田裕二の方は判りますけど、小林幸子は、あれこそが紅白のコアなんじゃないですか? 自分では一度も見たことないんでよく判りませんが。

投稿: baldhatter | 2007/08/29 12:38:58

>小林幸子は、あれこそが紅白のコアなんじゃないですか?

そうかもしれません。拙者が理解できてない偉い人でした!


投稿: 竹花です | 2007/08/31 9:38:43

この記事へのコメントは終了しました。