« # マイバッグ | トップページ | # エニグマ »

2007.07.23

# V3と言ったら

V3 と言えば、今ではおそらく 3 人目の仮面ライダーの方が圧倒的に有名ですね。たとえばこれとか。

ネタ元: 仮面ライダー:V3復活、1号・2号と夢の対決 「THE NEXT」製作発表:MSN毎日インタラクティブ

それでも、ここは敢えてこう言いましょう。「V3 と言ったら宇宙ステーション」なんだと。

ファミリー劇場では今、何度目になるのか『ウルトラセブン』を放映中です。で、7/22 がその第 13 話「V3から来た男」、つまり宇宙ステーション V3 に勤務するクラタ隊長の初登場エピソードだったわけです。

このちょっと斜に構えたクラタ隊長というのが、本放送のとき子供の目で見てもカッコよかったし、今見てもほれぼれするくらいイイ男、おいしい役どころなんですよ(最終回にも登場して、そちらもなかなかいいポジション)。

でも、このエピソードを名作たらしめた二人の俳優、中山昭二さん(キリヤマ隊長)と南廣さん(クラタ隊長)は、もうどちらもお亡くなりになったんだなぁとふと気づきました。それがこのエントリを書こうと思った動機なんでした。

--------------------
クラタ隊長は、ウルトラ警備隊のキリヤマ隊長と同期であり長年の親友という設定。つまり親友の一方は地上で、もう一方は宇宙でそれぞれトップを務めているわけですが、ウルトラ警備隊の隊長がかなりのエリート職であるのに比べると、どうも宇宙勤務の方はやや冷遇されている節がある(クラタ隊長自身が自嘲気味にそんなことを言います)。

宇宙人を追って地上に下りてきたクラタ隊長とそれを迎えるキリヤマ隊長。ところが旧交を温めるまもなく、警備隊の隊員が捕まっていることが判明し、侵略者の撃退をあくまでも主張するクラタ隊長と、侵略者の撃退より部下の救出を優先しようとするキリヤマ隊長が激しく衝突する --- この辺りがもうぜんぜん子供向けではない大人のドラマになっています。

しかも、二人をめぐる周囲の対応も実にニクイ。単身出撃したキリヤマに、クラタは実は同行したいのに意地を張ってタバコなんか喫っている。すると、ソガ隊員(これも故人となってしまった阿知波信介)が、背中を向けたままこう言います。「クラタさん、何にしてもがまんするのは、体に悪いそうですよ」。

「それもそうだな」とか言いながらハンガーに降りるエレベータに乗ると、今度はそこにマナベ参謀(上司ですね)が乗っている。
「隊長、あわててどちらへ。この下は、ホークの発進場だな。それも鍵がないと入れない」
ハッとするクラタに、しかし参謀は黙って鍵を差し出したりなんかします。

その他にも、もう全編カッコイイんですよ。大人たちが、男たちが。

こーゆーね、「カッコイイ大人の姿」というのを今の子供たちは目にする機会があるんでしょうか。

03:17 午前 映画・テレビ |

はてなブックマークに追加

« # マイバッグ | トップページ | # エニグマ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # V3と言ったら:

» ウルトラ警備隊 トラックバック みんなが注目してるコトとは?
ウルトラ警備隊 プロフィール検索 動画検索 画像検索 [続きを読む]

受信: 2007/07/28 20:07:21

コメント

追記:
大人のドラマを意識した証拠に、この回の戦闘シーンでは定番のテーマソングがまったく流れません。また、男のドラマらしく女性(アンヌ隊員とか)は一人も登場しません。

追記 2:
あー、ラストがまたいいんだなぁ。

投稿: baldhatter | 2007/07/23 3:25:33

こんな話があったんですね。セブンはあまり見ていなかったせいか、まったく記憶がありませんでした。でも、中2の息子に「クラタ隊長って知ってる?」と訊いてみたら、「V3!」と即答。なんで知ってるの……?
家にビデオがあるかもしれないので、後で探してみます~。

投稿: Ado | 2007/07/23 9:23:25

> 「V3!」と即答。

それはなかなか、将来が心配、もとい末頼もしい中学生。もしビデオがなければウチに遊びにいらしてください。

投稿: baldhatter | 2007/07/23 13:25:00

大人がカッコイイドラマは少ないですね。みんな責任転嫁しちゃうからでしょうか。

投稿: 竹花です。 | 2007/07/23 23:37:44

> 大人がカッコイイドラマは少ない

現実世界を反映しているのかな。自分を省みても、カッコイイ大人になれたとはとうてい思えませんしね。

その意味でね「エウレカセブン」が面白かったんですよ。レントンは別にどーでもよくて、月光号のクルーを筆頭に未熟な大人たちが四苦八苦する、その描写がけっこう好きでした。

投稿: baldhatter | 2007/07/24 19:28:06

月光号のクルーでは、ハップとストナーが特に好感もてました。

投稿: 竹花です。 | 2007/07/25 22:11:37

そんなかっこいい大人たちの物語をスポイルして申し訳ないですが、V3といったらファミリーベーシックです。

投稿: マスナガ | 2007/07/26 3:35:09

宇宙人にしてみれば、キリヤマ・クラタは最凶コンビでしょうけど^^;。

三船敏郎の「男は黙ってサッポロビール」というコマーシャルが同じころにあったような気がします。かっこいい男たちの時代だったのかもしれませんね。

投稿: みっち | 2007/07/26 8:35:36

> V3といったらファミリーベーシック

またそんな、超^2 が付くほどマイナーな話を...
SORD M5でベーシック覚えた私でもびっくりです。

> 男は黙ってサッポロビール
> かっこいい男たちの時代だった

ひょっとすると、「男はかっこいいとゆーことにしておけた最後くらいの時代」だったのかもしれません。

投稿: baldhatter | 2007/07/26 14:13:29

この記事へのコメントは終了しました。