« # 本日の日本(5/10)-中国特集 | トップページ | # 本日の日本(5/12)-中国特集その2 »

2007.05.11

# 誰がためのリアリズム

リンク: 「体動かし症状を答える」患者ロボ、岐阜大大学院で開発 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

あまりのインパクトにつき、写真の掲載は控えました :P
元記事はすぐなるなるので、魚拓をどうぞ。こちらです。

一緒に写っているお医者さんも、ロボットみたいです。

10:03 午後 社会・ニュース |

はてなブックマークに追加

« # 本日の日本(5/10)-中国特集 | トップページ | # 本日の日本(5/12)-中国特集その2 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 誰がためのリアリズム:

コメント

人形がリアルすぎると表情がないので死体のように感じるのだとか。能面が気持ち悪いのもこれに起因するとかしないとか。

ゲーム業界でもリアルすぎるのは問題のようです。あまりにもリアルすぎるとゲーマーは気持ち悪くなるようです。リアルに見えてリアルじゃないのが良いようです。

投稿: 竹花です。 | 2007/05/13 19:33:43

> ゲーム業界でもリアルすぎるのは問題

確かにそうですね。洋ゲーのキャラがたいてい評判悪いのも、その辺でしょう。もっとも、日本の大きいお友達の趣味はかなり特殊だろうとも思いますが。

投稿: baldhatter | 2007/05/13 21:35:55

この記事へのコメントは終了しました。