« # 長虫@Google | トップページ | # ネット野次馬 »

2007.04.07

# 夕焼け楽団

今日は、Amazon から届いたこの CD をずっとかけていて、ひどくゴキゲンなのでした。

Kenroad Music-久保田麻琴と夕焼け楽団

※Amazon から届いたといいつつリンク先が別なのは、Amazon に画像がないためです、あしからず。

中学生の頃に衝撃的な出会いをしてからずーっと愛聴盤だったにもかかわらず、「レコード」をかける環境がなくなって以来聴くことができずにいたわけですが、少し前に CD 化されていたことを最近知り、こうしてようやく再会できたという次第。

しかも嬉しいことに、当時の LP ジャケットが忠実に再現されているので、思わず写真を公開しちゃいます。

Sunsetgang1

芸が細かいのは、昔の LP レコードのように CD がビニルの袋に入っているところ。しかも、

Sunsetgang2

見開きジャケットを開いたところも完全に再現されています(細かくて見えませんが、左側の文章は片岡義男です)。

--------------------
夕焼け楽団の魅力は、「微妙なニセモノくささ」です。その言い方が悪ければ、「一流のミュージシャンが、各ジャンルの音楽を見事に換骨奪胎している」と言ってもいいのですが。

沖縄音楽、ハワイアン、ディキシーランドミュージック、ブルースなど、どちらかというと泥臭いジャンルの曲ばかりで、下手をすればベタベタどろどろの俗悪アルバムになってしまうはずなのに、それがこれほど軽快な、爽快な作品に仕上がっているというのは脅威です。

ちなみに、細野晴臣が参加&プロデュースしていますが、これはちょうど、はっぴいえんどを解散して YMO が始まるまでの合い間に当たるんですね。

10:50 午後 音楽 |

はてなブックマークに追加

« # 長虫@Google | トップページ | # ネット野次馬 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 夕焼け楽団:

コメント

う〜ん。夕焼けファンには悪いけど、久保田氏は細野さんの後追い、フォロワーという感じなんだな。似て非なるもの。同じ事やっても深みとスケールと、カンの良さが全然違うと思う。まあ、最近の細野さんシンパの若手よりは良いと思うけど。

投稿: 通行人 | 2007/06/05 15:14:54

通行人さん、こんな古い記事にわざわざコメントありがとうございます。

> 最近の細野さんシンパの若手
その辺の事情はちょっと判らないのですが、

> フォロワーという感じ
こっちは判るような気もします。

> 久保田氏は細野さん
この敬称の使い分けが微妙にオモシロでした。またお寄りください。

投稿: baldhatter | 2007/06/06 14:37:33

この記事へのコメントは終了しました。