« # 「オーシャンズ n」 | トップページ | # 時事ネタねた »

2007.03.10

# 歴史はもちろん繰り返す

右カラム「帽子屋の本棚」にとり・みきの新刊を載せていますが、時事モノはこれが初めてではなく、今までにも

『事件の地平線』(1998 年、筑摩書房刊)
『膨張する事件簿』(2002 年、同)

という傑作が出ています。
これを読んでいると、「歴史はやっぱり繰り返す」ようなのでした。

    

たとえば『膨張する事件簿』には、2000 年 8 月のネタとして「異物混入」という話があります。

トマトジュースの中にハエ(キリン)
煎餅に針金(越後製菓)
ポテチの袋からカナヘビの死骸(カルビー)
サンドイッチから蚊
チョコから蛾(ブルボン)
ミートソース缶からボルト
プリンに容器片
輸入トマト缶にガラス

当時も、まさに「何でも出てくる」状態が展開されていたわけですね。
このことから判るのは何かと言うと、

日本人の「のど元」の長さはおおよそ 5~6 年

らしいという事実です。

11:43 午前 アニメ・コミック・サブカル |

はてなブックマークに追加

« # 「オーシャンズ n」 | トップページ | # 時事ネタねた »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 歴史はもちろん繰り返す:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。