« # はげしく同意 | トップページ | # けだし名言 »

2007.02.16

# 大きいことは

このタイトルの続きがすらっと出てくる人は(ry

リンク: FujiSankei Business i. 産業/日立アプライアンス、世界初・電動で開く冷蔵庫

日立製作所の子会社で空調・家電製品メーカーの日立アプライアンス(東京都港区)は、世界で初めてボタンを押すと電動で引き出しが開く機構を搭載した新型冷蔵庫「R-W5700」を開発し、27日に発売する。(中略)冷蔵庫の大容量化に伴い、冷凍室や野菜室の引き出しルームが重くなっているのに対応した。

もう 20 年近く前ですが、真夏に冷蔵庫が壊れたことがありました。もともとが中古だったので、思い切って新品を買いに走りましたが、中身を処分するときの壮絶さは想像に難くないと思います。

日立のこの電動ドア冷蔵庫、まさかにそんなことはないでしょうが、停電したらドアが開かないなんてことだったら、さぞ悲惨でしょうね...

それにしても、「引き出しが重くてドアを開けにくいほど巨大化した冷蔵庫」って、どうなんですか。1 週間に 1 回スーパーでまとめ買い、みたいな生活スタイルでないかぎり、最近の冷蔵庫って不必要にデカいような気がするんですけど。

家電の大型化ということでは、テレビも同じ。ホームシアターの一部として専ら DVD 鑑賞に使うというならまだ判るが、通常のテレビ放送を見る --- というより、だらだら流し続ける --- ために、25 インチより大きいディスプレイを居間にふんぞり返らせているのは、生活の中のそれなりの領域をテレビに乗っ取られていること、とも言えるのではないかと。

今回の納豆事件でいよいよ如実になった「見る側の問題」も、テレビがどんどん大型化していることと無関係ではないように、小生には思えるのでした。

07:25 午後 日記・コラム・つぶやき |

はてなブックマークに追加

« # はげしく同意 | トップページ | # けだし名言 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 大きいことは:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。