« # 本日の日本(1/22) | トップページ | # 本日の日本(1/23) »

2007.01.22

# 豪州でも言論は不自由らしい

リンク: Banned for a George Bush T-shirt | NEWS.com.au

ブッシュの顔と "WORLD'S #1 TERORIST" というロゴの描かれた T-シャツを着ていた男性が、メルボルン空港で「セキュリティ上の理由により」搭乗を拒否されたというニュース。

なのですが ---

その1
このニュースは、今日(1/22)の asahi.com でも取り上げられています。

asahi.com:「ブッシュはテロリスト」Tシャツ 豪で航空機搭乗拒否 - 国際

娘と豪南部アデレードに帰省していたロンドン在住のIT技術者のアレン・ジャソンさん(55)は20日、メルボルン空港で保安検査を通過した後、ゲートで職員から搭乗を拒否された。シャツを着替えれば、他の便に振り替えると言われたが、ジャソンさんは用意がないとして拒否。以前も2度、同じTシャツでカンタス便に搭乗しようとして、着替えるように求められたという。

ところが、英文ニュースの方は 2006/12/14 付の紙面であり、事の起こりは同月 2 日だったことが判ります。つまり、日本では事件発生から 1 か月半も経った今頃になってこれがニュースになったというわけなのでした。

その2
ブッシュ批判の T-シャツ(これがまた、いろいろ出回ってるらしい)が事件になったのは、何もこれが初めてではないようでした。

CNN.com - Anti-Bush T-shirt banned at Michigan school - Feb. 19, 2003

ミシガン州のある高校で、"INTERNATIONAL TERRORIST" というロゴの T-シャツを来ていた生徒が、帰宅して着替えるよう言われたのだとか。2003 年 2 月の出来事です。もっとも、こちらの場合は「生徒の大多数がアラブ系であるため、その感情的反発を考慮した」と学校側はコメントしたそうです。

その3
それにしても、たかが T-シャツに「セキュリティ上」などと大仰な難癖をつけるというのは、まったくトホホな話。旧ソ連時代の有名なロシアジョークを連想させられるくらいトホホです。

「フルシチョフのバカ野郎!」
そう叫んだ国民が逮捕された。もちろん、「国家の最高機密を漏らした」罪である。

11:35 午後 経済・政治・国際 |

はてなブックマークに追加

« # 本日の日本(1/22) | トップページ | # 本日の日本(1/23) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 豪州でも言論は不自由らしい:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。