« # 不立文字 | トップページ | # 夢二だろ、景子じゃなく »

2007.01.20

# タイトルだけでなく...

タイトルが思いっ切りいただけないという点については、マスナガさんにまったく同意。

頭ん中: タイトル以外は☆☆☆☆☆ - 『ヒューマン2.0』

なお、この本を買うべきかどうかはすぐ見分けがつく。 著者がやっているブログ 「On Off and Beyond」 を読んでみることだ。

ということで拝見してみましたが ---

「ツアーがどれくらい参加者の方の将来にどれくらいインパクトを与えるか」
「~参加者全体のバラエティーを増すか」
「~ですので、インターネット接続があればどこからでも参加可能ですので
(1/15 のエントリより)

ちょっと見ただけでこんな日本語が続出するのでは、かなり引いてしまうのですが。その他にも、

とんでもないナニー

nanny のことですか? カタカナ書きは無理ありすぎ、とか、

ちなみにOn Off and Beyondは、シーツやらタオルやらを莫大に売っているチェーン店Bed Bath and Beyondと韻を踏んでいます。

そーゆーの、「韻を踏む」とは言わないと思います、とか。

03:05 午後 書籍・雑誌 |

はてなブックマークに追加

« # 不立文字 | トップページ | # 夢二だろ、景子じゃなく »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/13585733

この記事へのトラックバック一覧です: # タイトルだけでなく...:

コメント

確かにそのあたり、特に言葉のプロにとっては気持ち悪いですわな。(←形容詞+「です」は許してください)

> 「ツアーがどれくらい参加者の方の将来にどれくらいインパクトを与えるか」
や「韻」の部分についてはもうどうしようもないですね。

ただ、
> 「~参加者全体のバラエティーを増すか」
あたりは "whether increase variety of the participants" かなんかから来ているのではないかと。

> 「~ですので、インターネット接続があればどこからでも参加可能ですので」
については、話し言葉ならこういう「重ね重ね表現」はよく使われますので、語り口調のブログですので、許してあげてもらいたいと思いますので、まあここはひとつ。

いや別に弁護する義理も何もないんですが…。

投稿: マスナガ | 2007/01/21 0:14:07

> variety of the participants" かなんかから来ているのではないかと。

そうだと小生も思います。nanny もそうですが、この方は英日バイリンガルなために、かえってこの種のおかしさに気づかないんだろうなと推測しています。

投稿: baldhatter | 2007/01/21 1:00:10

ああ…そういう私もwhetherの後に主語がない。人のこと言えん…。

投稿: マスナガ | 2007/01/21 11:48:49

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)