« # アイをめぐる笑い | トップページ | # 糸を引く話 »

2007.01.14

# イクラではないらしい

唐突ですが、3 文字のカタカナ・ひらがなって、うっかりするとすぐ読み間違えちゃいませんか?

「おこと教室」

とか、

「ウコン色」

とか小生はいつ見ても必ず読み返しています。

こんなニュース見出しも同じです。

イクラの子に愛を分けて バレンタイン「チョコ絵本」募金


わざと書き違えました :P

松本市に事務局を置き、白血病やがんのイラクの子どもたちを支援している「日本イラク医療支援ネットワーク」は2月のバレンタインデーに合わせ、「限りなき義理の愛作戦」と題した募金キャンペーンを行う。イラクの子どもたちが描いた絵に、音楽評論家の湯川れい子さんらが解説や物語を付けたカードを作製。これにチョコレートを添え「チョコ絵本」として販売、薬代に充てる。
(中略)「義理を含めた愛の一部をイラクの子どもたちに分けてほしい」と呼び掛けている。ホワイトデー用のセットも準備中。

いや、この運動がどうこう言ってるのではありませんよ、別に...。ただ、思わず

「義理」を辞書で調べ

たくなっただけです。

1. 物事の正しい筋道。道理。
2. わけ。意味。
3.(儒教で説く)人のふみ行うべき正しい道。
4. 特に江戸時代以後、人が他に対し、交際上のいろいろな関係から、いやでも務めなければならない行為やものごと。体面。面目。情誼。
(広辞苑より)

本来こういう意味を持つ言葉を、「限りなき義理の愛作戦」とか、「義理を含めた愛の一部」とかいう風に使える思考経路が、小生にはちょっと判らないだけです、はい。

06:41 午後 翻訳・英語・ことば社会・ニュース |

はてなブックマークに追加

« # アイをめぐる笑い | トップページ | # 糸を引く話 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。