« # 飛行機ネタ2題 | トップページ | # 信仰の尊厳とはそんなもんか(たぶんそんなもの) »

2006.12.16

# 今年の漢字どころではない

今年(2006年)の漢字は「命」なんだそうですが、漢字の話ならこっちの方がだんぜん面白い。マスナガさんちで紹介されていたサイトです。

凄い漢字

1 つずつコメントと併せて読めばもちろんおもしろいのですが、漢字だけ一覧で表示すると、これはもう、ほとんどアートの世界。

やはり、「中国には何でもある」(注)のだ。

----------
(注)
中国のことを考えると、行き着く結論はたいていこうなります。

俗に、中国人は「飛ぶものは飛行機以外なんでも、四つ足のものは机以外なんでも食べる」と言われます。それほどまでに彼らは食文化を追求する民族だというわけですが、小生の周りでは「いやいや、飛行機はともかく、机は食べるかもしれない。中でも黒檀なんぞが最高級品とされているらしい」とも言われています。

この伝で敷衍すれば、中国に関しては「何が存在しても不思議ではない、何が起きても驚かない」ということになるわけなのでした。

07:47 午後 翻訳・英語・ことば |

はてなブックマークに追加

« # 飛行機ネタ2題 | トップページ | # 信仰の尊厳とはそんなもんか(たぶんそんなもの) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 今年の漢字どころではない:

コメント

この中には国産の漢字もかなりありますよ。

投稿: Reiko Kato | 2006/12/17 0:42:36

Kato Reiko さん、コメントありがとうございます。
確かに国字も多いですね。

投稿: baldhatter | 2006/12/17 16:44:13

この記事へのコメントは終了しました。