« # 1600 万円のパスポート | トップページ | ♭B面という存在 »

2006.08.23

# やっぱり減るらしい

リンク: 太陽系惑星:冥王星除外…9→8に 天文学連合定義案修正-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

受験生の苦労を考慮、したわけではないですが、やはり落ち着くところに落ち着く気配です。

チェコのプラハで総会を開いている国際天文学連合(IAU)は22日、惑星の定義案を大幅に修正、冥王星を惑星から外す最終案をまとめた。この結果、太陽系の惑星数は、現在の九つから八つに減ることになった。同日昼の公開討論会で、原案を微修正して3分割した案を提示したが、反対論が相次いだため抜本的な修正に踏み切った。23日も細かい表現などの最終調整を続け、24日午後の全体会議で採択を目指す。

最終案は、太陽系惑星の定義を「太陽の周りを回り、自らの重力で球状となる天体」とする当初案を継承したうえで「軌道周辺地域で圧倒的に大きい天体」という新たな項目を付け加えた。

冥王星は、より大きい海王星と軌道が一部重なるうえ、03年に発見された「2003UB313」など同等規模の天体が周辺にあるため新たに加わった項目を満たさず、惑星から外れることになった。当初の定義案では惑星に昇格する予定だった小惑星セレスとUB313も、同様の理由で惑星とはみなされない。

冥王星やその周辺の天体は惑星とは異なる「矮惑星(わいわくせい)」と位置づける。ただし、「冥王星系天体」などの名称を与える案を作り、惑星の定義案とともに2案を総会に提案する。22日に示した修正案では、冥王星と冥王星の衛星「カロン」を二重惑星とする案も示したが、冥王星が惑星でなくなることから廃案とした。

同日の公開討論では、「軌道面からの考察が足りない」などの科学的な反論に加え、「政治的すぎる」「提案が唐突で手続きが民主的ではない」といった意見も相次ぎ、提示した3案とも否決が確実となった。3年後の次回総会への先送りも検討したが、「今回の会議で決定しなければIAUの権威が失墜する」(会議筋)と判断した。

なお、「政治的すぎる」という意見は、冥王星の発見者がアメリカ人だったことから、アメリカが冥王星の格下げに反対していたことを指すものと思われます。

05:34 午後 サイエンス |

はてなブックマークに追加

« # 1600 万円のパスポート | トップページ | ♭B面という存在 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # やっぱり減るらしい:

» 科学 トラックバック フレッシュアイNewsWatch
あなたの記事が フレッシュアイNewsWatch の 「科学」 トピックに掲載されました。是非ご覧下さい。 [続きを読む]

受信: 2006/08/23 20:52:04

コメント

この記事へのコメントは終了しました。