« # フライトシミュレータ@Google?! | トップページ | # 妙なところからバトンが飛んできた »

2006.08.16

# 水金地火木……

リンク: asahi.com:太陽系の惑星、一気に3個増か 国際天文学連合が新定義

「水金地火木土天海冥(冥海)」と呪文のように覚えてきた常識が、あぁ...。

太陽系の惑星がこれまでの9個から一気に3個増え、12個になる可能性がでてきた。チェコ・プラハで開催中の国際天文学連合(IAU)総会で16日、惑星の新定義が提案されたためだ。太陽系で惑星と認定されたのは1930年発見の冥王星までの9個だが、近年、新天体の発見が相次ぐなどしたため、定義の見直しを迫られていた。新定義の採決は現地時間24日午後の予定で、承認されれば、世界中の教科書が書き換えられることになる。

IAU総会に提案された惑星の新定義は(1)天体が自ら球状の形を維持できる重力をもつ(2)太陽のような恒星を周回している天体で、恒星や、惑星の衛星ではない――の2条件を満たす天体。これには、質量が月の約150分の1、直径では月の約4分の1にあたる800キロの天体まで含まれる可能性がある。

新定義が承認された場合、米観測チームが昨夏に冥王星よりも大きく、「第10惑星」として発表した「2003UB313」のほか、火星と木星の間にある小惑星の中では最大の「セレス(ケレス)」、冥王星の衛星とされていた「カロン」の三つが加わる。冥王星とカロンは、惑星と衛星の関係ではなく、二つの惑星が互いを周回しあう「二重惑星」とみなすことになる。

水・金・地・火・・木・土・天・海・冥・……まではいいとして、残る一つ(2003UB313)にも早いとこ名前付けてくれないと、受験生が困ることになりますね。

11:45 午後 サイエンス |

はてなブックマークに追加

« # フライトシミュレータ@Google?! | トップページ | # 妙なところからバトンが飛んできた »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 水金地火木……:

» 惑星が12個? トラックバック 夕陽の窓
太陽系の惑星がこれまでの9個から12個になるという報道がされています。 プラハで開催されている国際天文学連合(IAU)総会で、惑星の新定義が提案され、24日にも認められるかもしれないということです。もし認められると、これまで小惑星だったセレス、冥王星の衛星だったカロン、アメリカの観測チームが2005年に「第10惑星」として発表した「2003UB313」の3つが惑星の仲間入りします。 セレス(Ceres)は、ローマ神話の豊穣の女神ケレスのおそらく英語読みで、ギリシア神話ではオリンポス12神に数... [続きを読む]

受信: 2006/08/19 10:06:02

コメント

この記事へのコメントは終了しました。