« # バカを生む社会 | トップページ | # JavaOne »

2005.11.07

# 人類の英知その2

リンク: 書籍のデジタル化、マイクロソフトが大英図書館と提携 - CNET Japan

以前のニュースで、「全世界に存在する約500万テラバイトの情報のうち、これまでに(Google で)インデックス化されたのは約170テラバイトに過ぎない」という記事を紹介しましたが、人類の英知への果てしない挑戦はまだまだ続くようです。

最近読んだ別の記事によれば、

人間が全世界で 1 年間に生み出す情報は、2 EB(EB = エクサバイト =10 の 18 乗バイト)であるのに対し、ネットワーク上で新たに公開される情報は、年間 300 TB にすぎない。これは生み出された 1MB の情報あたりわずか 1 バイト分しか公開されていない状況に等しい。

のだそうです。このような超情報過多の世界を、Web 2.0 がどんな姿で切り出してくれるのか、楽しみではあります。

えっと、この際ですので、情報単位の備忘録を残しておきましょう。

1EB=1024PT(ペタバイト)
1PT=1024TB
1TB=1024GB
1GB=1024KB
1KB=1024バイト

つまり、
1EB
= 1,024PT(10^3)
= 1,048,576 TB(10^6)
= 1,073,741,824 GB (10^9)
= 1,099,511,627,776 MB(10^12)
= 1,125,899,906,842,624 KB(10^15)
= 1,152,921,504,606,846,976 バイト(10^18)

となるわけで、まあ小生らにとっては、何やら大きい数字、なわけでした(おいおい)。

ところで、これ書いていて思ったのですが、このようなバイト単位系は本当は 2 が基数なので、単位が切り替わる 1,000 倍というのが正確には 1,024 倍なわけですね。そうすると、1,024 がおよそ 10^3、1,048,576 がおよそ 10^6 くらいまではいいとしても、10^18 ともなると、誤差が相当出てきます。

もちろんそれも、一般市民にとっては、何やら大きい数字の誤差 ですけどね(おい、ってば)。


05:02 午後 パソコン・インターネット |

はてなブックマークに追加

« # バカを生む社会 | トップページ | # JavaOne »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 人類の英知その2:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。