« # 宇宙に散った若き命 | トップページ | # これは確かに脆弱だ »

2005.09.14

# 漢字表記が正しい

リンク: asahi.com: 東京・本駒込の三百人劇場、06年末に閉館・取り壊しへ?-?文化・芸能

学校から近かったためもあって、ここにはわりとよく通いました。当時はけっこう綺麗な建物だったように思うのですが...それからずいぶん経ってしまったということですね w。

なお、日経のサイトでは「300人劇場」と書かれていますが、これは間違いです。固有名詞は正しく書きましょう。

いちばん印象に残っているのは、1982 年公演の『ヘンリー四世』かな。故・小池朝雄の演じたフォルスタッフが実によくて、日本語でもシェイクスピアがおもしろいと初めて思えたのは、このときでした。

筒井の『三月ウサギ』を観たのも、確かここでした。

それにしても、まだ築 32 年で取り壊しって...公共の建造物としては早くないですか。つくりがイイカゲンだったのかなぁ。

 演劇上演や、名作映画の上映などで親しまれてきた東京都文京区本駒込の「三百人劇場」(257席、建設当時は302席)が老朽化のため、06年末で閉館することが決まった。

 同劇場は、劇作家・評論家の故福田恆存氏らが設立した財団法人現代演劇協会が74年に建てた。財団付属の劇団昴(すばる)が拠点にしている。近年、建物の傷みがひどくなり、建て替えは経済的に難しいため、閉館・取り壊しを決めた。

 同劇場は昴による海外名作や日本の創作戯曲の上演のほか、全国の地域劇団や海外劇団を招くなどの活動をしてきた。90年代からは聴覚・視覚障害者のために字幕や音声ガイドを採り入れ、バリアフリー劇場の先駆けでもあった。映画にも力を入れ、海外作品や日本の名画を数多く特集上映。故古今亭志ん朝さんの落語の定期公演もあった。

 07年以降、昴は別の拠点を探して活動を続けるが、詳細は決まっていない。

ここで筒井康隆の『三月ウサギ』を観たときには、休憩時間のロビーで筒井氏と故・星新一氏を見かけましたが、筒井の顔面が妙に大きく見えました。

10:12 午前 文化・芸術 |

はてなブックマークに追加

« # 宇宙に散った若き命 | トップページ | # これは確かに脆弱だ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 漢字表記が正しい:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)