« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.30

# 風が吹けば桶屋

リンク: Omnipelagos.com

また百式さんで楽しいサイトが紹介されていました。

「風が吹けば桶屋がもうかる」式の展開を英語で見せてくれます。2 つの語句を入力すると、最初の単語の語義を一部引用し、関連する語句を順々にあげていって、2 番目の単語にたどりつきます。

語義の引用元は Wikipedia ですが、しばらく楽しめます。英語の勉強と雑学の仕入れに使えるかもしれません。

12:53 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.08.26

# EverQuest ネタながら

リンク: 人気を博すソニーの「Station Exchange」--なかには2000ドルの高額キャラクターも - CNET Japan

EQII の方の Blog はちょっと更新とまったままですが m(__)m。CNET にまでこんなニュースが載っています。

CNET の記事は、翻訳に ? と思うことがよくあるのですが、今回の第 1 パラグラフ、

オンラインゲームの「EverQuest II」のプレイヤーで、たまたま、Iksar種族に属し、Furyクラス(レベル50)、Sage生産クラス(レベル50)のキャラクターを持て余している人は、「Station Exchange」で2000ドル稼げるかもしれない。

「キャラクターを持て余している」では、何のことかよく判らんです。

原文(こちら)はこうですね。

If you play the online game "EverQuest II" and happen to have an extra Iksar (Fury)/Level-50 Sage character you don't need, you could soon be $2,000 richer.

「不要な、余分な〜」とちゃんと書いてある。つまり 1 つのアカウントでキャラクタは複数作成できるわけで、「レベル 50、つまり現時点で Max まで育ったキャラを要らないようなら」ということ。

ただ、原文では不正確な "Iksar (Fury)/Level-50 Sage character" のところを、一応ゲームシステムを踏まえて「Iksar種族に属し、Furyクラス(レベル50)、Sage生産クラス(レベル50)」と訳しているのはエライですね。

そんなわけで、小生の Iksar は依然として Lv16 のままなのでした。

08:19 午後 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.08.23

# It's rotten.

リンク: ITmediaアンカーデスク:今PCを買うか、Vistaまで待つか――「オトナの選択」はどっち?

記事は Vista ネタですが、今回も記事中で目についた英語をご紹介します。なお、記事の原文はこちら(今回は原文へのリンクがないので)。

That, or the next time a notebook succumbs to Windows Rot and has to be reimaged I can install the Windows Vista beta and see what happens before doing the system restore.

Windows Rot 日本語記事には簡単な注釈が付いており、まあ字面でもイメージはほぼ判るのですが、おもしろいのは rot が名詞であるところですね。

さすがに定訳はないし、検索しても日本語のページで見つかるのもこの記事くらいですが、英語ではちらほらヒットします。こんな個人サイトもありました。

Mike's Rants -- Top 10 Windows Annnoyances --

ここで筆頭にあげられているのが Windows rot、説明も判りやすい。要は、アプリケーションのインストールやアンインストールを続けていると、Windows がどんどんトロくなっていく、その現象のことなわけでした。何でそんなことになるかという理由もここに簡単に書いてあります。

ちなみにこのページのタイトル "rant" というのは「暴言」みたいな単語です。つまり拙 Blog のタイトルと同じような発送の名前なんでした。

06:05 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.08.22

# 追悼

リンク: ITmediaニュース:「シンセサイザーの父」ボブ・モーグ博士が死去

小中学生の頃、「シンセサイザー」という響きがいかに魅力的だったか...。ということで謹んでご冥福をお祈りいたします。

06:01 午後 社会・ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.08.18

# 仁義なき戦い?

リンク: Windowsワーム大量発生--ハッカーグループ間の抗争が原因か - CNET Japan

まるで、暴力団どうしの抗争で一般市民が流れ弾にあたりまくってる、の図だなぁ、と。

ちなみに、今回問題になっているのは MS05-039 という脆弱性で、対応パッチは KB899588 です。

01:05 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.08.17

# 10 年前の

リンク: [CNET10周年記念企画]人気製品トップ10で1995年を振り返る - CNET Japan

この手の回顧ネタは無条件に面白いのでした。

1 位から 10 位までに取り上げられているモノももちろん面白いわけですが、どうしたって「10 年前の自分」を考えちゃいます。

1995 年といえば、そろそろ雲行きの怪しくなってきた前の職場で中間管理職をしてて、まだ熱烈 Mac ユーザーで Windows95 の GUI を「ケッ」と笑い飛ばしていた頃ですね。

01:01 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.08.09

# つるかめつるかめ

リンク: ITmediaニュース:「鶴亀メール」が「秀丸メール」に名称変更 商標権侵害で

いずれにしても、秀丸シリーズということで新名称の方が一貫性があってよいと思いますが。

10:54 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.08.03

# 枯れる...とは

以前からちょっと気になっている言葉です、「枯れる」とか「枯れた」とか。

「秀丸のような枯れたエディタは〜」とか「Windows も 2000 でようやく枯れてきた」のように使われていますが、これはマイナスイメージの用語ではなく、「バグフィックスやアップデートを経て、安定したソフトになった」というほどの意味のようです。「涸れる」とか「嗄れる」ではありません。

e-Words では次のように定義されています。

枯れた
ソフトウェアやハードウェアが発売・公開されてから長期間が経過し、多くの人の手によって不具合などが検証・修正され、利用に当たっての注意点などの情報が大量に蓄積されている状態のこと。安定した導入・運用ができるという良い意味で使われる。

国語辞典に載っている語義でいうと、

枯れる
2. ア: 長い経験の結果派手さが消え、かえって深い味を持つようになる。老練になる。円熟する。 (広辞苑)

この辺りが近そうですが、それでもやはり前掲のような用法は PC 関連特有の表現ではないかと思います。

さて、これは日本語独特の表現なのでしょうか? 英語にすると、matured とか sophisticated かな、と考えてみるのですが、日本語の「枯れた」に近い用例はまだ見つかっていません。しばらく追跡してみたい用語です。

11:41 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (2) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# それにしてもベタな名前

リンク: S・ウォズニャックも納得?--1ボタンを捨てたアップルの新型マウス - CNET Japan

 Apple Computerが長年の伝統を破ってMac向けにマルチボタンマウスを発表した。

 「Mighty Mouse」という名前のこの49ドルのマウスは、360度のスクロール可能なスクロールボールを搭載するほか、左右側面をつまむことでクリックとして検知されるようにカスタマイズでき、Apple信者向けにはシングルボタンマウスとしても機能する。

きっと版権問題はクリアしてると思われるのですが、なんともベタな名前ではあります。Mighty Mouse をご存じない向きは、たとえばこちらを。

11:21 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.08.02

# Acid Queen...ではなく

リンク: IE 7、標準サポートに遅れ--「Acid2」テストの合格困難に - CNET Japan

Microsoftは自社のブラウザ関連ブログで、各ブラウザによるW3C(World Wide Web Consortium)勧告のサポート状況を調査するWeb Standards Projectの「Acid2」テストにIE 7が合格できないことを認めた。W3C勧告にはCSS1(Cascading Style Sheets)、HTML4、およびPNG(Portable Network Graphics)などが含まれる。

そんなブラウザでの表示が標準仕様になっている、この世の不思議さなのではありました。

さて、Acid2 テストとは何かというと、この記事にあるように CSS1、HTML4、PNG という各仕様にちゃんと準拠しているかどうかというテストのことで、そのための実に判りやすいページが用意されています。

http://www.webstandards.org/act/acid2/test.html

このページの "Take The Acid2 Test"リンクをクリックすると、今使っているブラウザがちゃんと W3C 勧告に従っているか、つまりブラウザ独自に勝手な実装をしていないか、ということがグラフィックに判ることになっています。完全に合格なら、こんな画面が表示されます。

ところで、なんで "Acid"なのか---何の略語なのか、これが調べられていません。どなたかご存知でしょうか。

03:39 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加