« # Potter-ian と Luddite fool | トップページ | # 展望? 予想? 見通し? 眺望? »

2005.07.26

# 合葬、もとい合掌

リンク: 杉浦日向子さん=文筆家 : おくやみ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

びっくりしました。この方、小生とあまり年齢変わらないのですよ。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

もともと、現代と江戸を自在闊達に行き来していた人だけに、寿命も江戸人並みだったということなのでしょうか。12 年前の隠居宣言が、今となっては、哀しくもあまりに見事に輝いて見えます。

 江戸情緒豊かな漫画やエッセーで知られた文筆家の杉浦日向子(すぎうら・ひなこ、本名・鈴木順子=すずき・じゅんこ)さんが22日午前4時32分、下いん頭がんのため、千葉県柏市内の病院で死去した。46歳。告別式は親族のみで済ませた。
 東京・京橋の呉服商の家に生まれた。日大芸術学部デザイン学科中退後、江戸文化の勉強のため時代考証家の稲垣史生氏に師事。1980年、月刊漫画誌「ガロ」に吉原を題材にした「通言室乃梅(つうげんむろのうめ)」を投稿し漫画家デビュー。豊富な知識を背景に江戸庶民の風流や吉原の「粋(いき)」を描き、80年代以後の江戸ブームの立役者の一人となった。86年には作品が漫画で初めて歌舞伎の原作に。88年に作家の荒俣宏さんと結婚したが、半年で離婚した。
 93年に漫画家を引退し“隠居宣言”した後は、江戸風俗や浮世絵の研究家として活躍。NHKのバラエティー番組「コメディーお江戸でござる」に95年から9年間レギュラー出演した。
 84年、「合葬」で日本漫画家協会賞優秀賞、88年、「風流江戸雀」で文芸春秋漫画賞。他の漫画作品に「百日紅」「百物語」、エッセーに「江戸へようこそ」「大江戸観光」、小説に「4時のオヤツ」など。 (2005年7月25日22時36分 読売新聞)

02:52 午前 社会・ニュース |

はてなブックマークに追加

« # Potter-ian と Luddite fool | トップページ | # 展望? 予想? 見通し? 眺望? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/5154281

この記事へのトラックバック一覧です: # 合葬、もとい合掌:

コメント

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)