« # Foxの対応 | トップページ | # Firefox に Google ツールバー »

2005.07.11

# 実名の投稿@落合氏 Blog

字幕制作サイドから、このような実名入りで応答があるというのは、ほとんど初めてのことではないでしょうか。東宝東和・字幕制作担当の松崎氏には敬意を表します。

窓口でまともな応対をしない、誤りをいっさい認めないなど、配給会社についてはネガティブなケースばかりが目につく中、業界サイドからようやく、このようなまともな---松崎様、失礼します---対応が見られるようになった、このこと自体がすでに、何か大きな転換点が近いことを示唆しているのかもしれません。

「業界全体」という問題について:

> あたかもそれが業界全体に当てはまるような書き方は止めていただきたい。

個別論が展開されてゆく中で必ず一度は出現する反論です。個別のケースが一度や二度ではなく、あまりに短時間に目に余る形で続けて出現したとき、それを目撃し被害を受けた者には、全体を検証することなく個々のケースについて抗議の声をあげる権利がある、と小生は思います。

洋画字幕については、個別の作品であまりにひどく商品の品質が低下しており、一般消費者である我々は「業界全体に当てはまるような」言い方をせざるをえない、言い換えれば、すでに業界全体への抗議となるくらい、個別事例の程度が悪化しているのだと、そのように受け止めていただきたい。

そして、そのような文脈で個別抗議があがったとき、全体として為すべきことは何か? それは「そのようなケースばかりではない」と反論することではなく、業界全体としてもそのような抗議を正しく受け止め、抗議に値する個々のケースを是正してゆくこと、ではないのでしょうか(そのような機構が、どの業界にも存在するはず)。

JR 西日本で大惨事が発生し、その原因が日常的な業務姿勢にあるという批判が上がったとき、他の JR 各社ならびに私鉄各社はどう対応したか。特定メーカーの商品に異物混入事件が発生したとき、業界全体はもとより、他の食品メーカーがどれほど過敏な反応を示したことか。私たち消費者は今、それと同じような対応を映画業界に期待しているだけなのです。

(ただし、松崎氏は「個人の意見」と断り書きをなさっており、業界全体を代弁しているというわけではありません。むしろ、自分たちがきちんとお仕事をなさっているからこそ、実名入りでこのように主張なさりたかったのであって、その意味で今回の投稿は高く評価したいと思うわけです)。

--------------------------------------------
戸田氏の仕事について:

> 戸田さんに頼むのは単純に字幕が上手いからです。

ストーリーやキャラクタの理解を明らかに損ねるような字幕。常識に反し、見た瞬間に鑑賞を阻害するような字幕(北極大陸、66回の〜など)。映画中での事実さえ無視し、観客をうろたえさせる字幕(「妻になります」など)。会話に現れる人間関係がたびたび整合性を欠き、観る者に混乱をもたらすような字幕(一貫しない二人称、敬語の使用/不使用など)。セリフの品位をまったく度外視した語尾の多用(「〜てる」)...。

このように指摘される箇所が1つの作品中に一つや二つではない...。そのような字幕を、なぜ未だに「上手い」と評価できるのか、理解に苦しみます。

>「字幕でドラマを作っていく」上手さは群を抜いている

これはもっと疑問です。「ドラマを作っていく」とはどういう意味なのでしょうか。字幕翻訳家とは「ドラマを作っ」たりしてよい職業なのでしたか? 字幕に限らず翻訳には翻訳者の解釈と創作が不可避だという議論も確かにありますが、行き過ぎた創作や誤った解釈は必ず批判の対象になるのです。

小生にはほとんど、「勝手にドラマを作っていく上手さ」と読めてしまいましたが。

--------------------------------------------
冒頭に書いたように、松崎氏の今回の行動に小生は敬意を表します。本稿も、松崎氏個人を攻撃するものではありません。あくまでも、氏の擁護論(業界擁護、戸田氏の擁護)それ自体がすでに業界の限界を露呈しているのであり、その意味では非常にタイムリーなコメントだったと思われます。

12:36 午後 翻訳・英語・ことば |

はてなブックマークに追加

« # Foxの対応 | トップページ | # Firefox に Google ツールバー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13481/4924821

この記事へのトラックバック一覧です: # 実名の投稿@落合氏 Blog:

コメント

禿頭帽子屋様
初めまして、落合氏のブログより、トラックバックを辿りやって来ました。
自分はかなり悲観的に、今回のコメントを読み終えました。
これは「大きな転換点が近い」のではなく、むしろそこから遠ざけようとする事のように思われます。
落合氏舐められてるなぁ、と(失礼)。

投稿: 保護者@アレ | 2005/07/11 15:32:27

> 自分はかなり悲観的に、今回のコメントを読み終えました。

ありがとうございます。投稿をさらに書き直している途中でコメントいただいたようです。落合氏個人の感情は判りませんが、小生は楽観しています。記事の続きをお読みください。

投稿: baldhatter | 2005/07/11 16:34:08

大変申し訳ありません、仰る通り「続きを読」まずに書き込みをしてしまいました。
落合氏のブログ、もう少し松崎氏本人から反応あるかと思ってみておりましたが、
(やはりと言うか想像通りと言うか)全く反応がありませんね。
あの書き込みが衆目に晒される事で、そもそもの意図は果たされたと考えているようです。

投稿: 保護者@アレ | 2005/07/13 1:56:48

コメントを書く

## コメントは承認制なので、公開されるまでに時間のかかることがあります。



(必須ではありません)