« # インテル、見張ってる | トップページ | # ニュースに注意 »

2005.06.13

# はじめに言葉ありき?

リンク: asahi.com: 従軍慰安婦という言葉なかった、歴史教科書で中山文科相?-?政治

本邦政治家どもの愚かさぶりなど、今さらなのでいちいちとりあげるつもりはないのですが、ここまでいくと、ほとんど「ネタ」だろうというくらい笑えますね。

中山文部科学相は11日、静岡市で開かれたタウンミーティングで、歴史教科書に関連して、「そもそも従軍慰安婦という言葉は、その当時なかった。なかった言葉が教科書に出ていた。間違ったことが教科書からなくなったことはよかったと評価した」と述べた。従軍慰安婦や強制連行の記述が「減って良かった」とした昨年11月の自らの発言の真意を説明する中で言及した。

その調子でどんどんやってみてください、文化相殿。

「旧石器などという言葉は、その当時なかった」
「大化の改新などという言葉は、その当時なかった」...

12:57 午後 社会・ニュース |

はてなブックマークに追加

« # インテル、見張ってる | トップページ | # ニュースに注意 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # はじめに言葉ありき?:

» 官房長官が… トラックバック SUPER-X.COM
こんばんわ、super_xです。 政府の対中、対韓外交の弱腰姿勢には、 ほとほと、あきれてしまう今日この頃です。 先日の、海保の不法操業船取締りでも、 事を荒げたくなかったようですが… こんな発言を、細田さんが… 従軍慰安婦問題で官房長官、「反省」の立場不変と説明 (読売新聞) - goo ニュース 細田官房長官は13日午前の記者会見で、従軍慰安婦問題について「実質的に従軍慰安婦の存在があった以上、�... [続きを読む]

受信: 2005/06/14 1:00:06

コメント

この記事へのコメントは終了しました。