« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.31

# install と installation

installation という用語に困らされることが多い。

動詞 install から派生した名詞なんだから、普通の訳語はもちろん「インストール」。「インストレーション」とされる場合もあるが、意味するところは同じで、アプリケーションをシステムに組み込むという「行為、作業、プロセス」のことだ(ちょっと古いと「導入」なんて訳されることもある)。Wikipedia などでも、普通はこんな定義になっている。

Installation is the process of putting a program in a computer system such that the program works as desired.

ところがドッコイ。実際の英文では、「行為、プロセス」の意味では通用しないケースも頻繁にあるのだった。たとえば、こんな英文が実在する。

Large installations may have many application server installations...
「大規模なインストールには多くのアプリケーション・サーバー・インストールがあり〜」

How to install Multiple Installations of iAS...
「iASの複数のインストールをインストールする方法」

判る人には判るのかもしれないが、installation は「行為、プロセス」ではなく「インストールした先、インストールした環境」を表しているわけでした。ところが、各種の専門辞書やネットを検索しても、このような定義はほとんど見つからない。ネットで今のところ見つかっているのは、IBMの用語集ページくらいで、ここではちゃんと、

installation: インストール,インストール済み環境 [インストール後のシステム環境を指す場合],取り付け

と定義されている。さすが Big Blue、パチパチパチ。

つまり上にあげた例文は、それぞれ「大規模なインストール環境には、多くのアプリケーション・サーバーがインストールされている」、「iASを複数のインストール先にインストールする」ということになるわけですね。

翻訳上の注意点としてまとめるなら「抽象名詞は意味の範疇に気をつけよう」ということでしょうか。この点、辞書も役に立たないことがたびたびあります。

ところで、install と installation の関係は、live a happy life とか die a dog's death という成句に見られる live - life、die - death という関係、つまり同族目的語に類するのでしょうね。だから、installation を「インストール」と訳したのではよろしくない。ちょうど「犬死を死ぬ」とは訳せないのと同じことのようなのでした。

04:10 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 日本の司法は大丈夫か

リンク: もんじゅ訴訟:最高裁判決は疑問符付き「ゴーサイン」

最初は朝日の記事にリンクしようと思いましたが、毎日の方がわかりやすい^ ^。

高速増殖炉「もんじゅ」の原子炉設置許可処分を適法と認め、原告側逆転敗訴とした最高裁判決は、原発に反対する住民には極めて厳しい司法判断となった。「不当だ」と批判する住民側に対し、国や事業者は、事業推進への「お墨付き」と受け止める。それでも、かさむコストや安全性から、実用化には疑問符が付いたままだ。

昨日の時点であまり良い予想はしていなかったのですが、ここまできれいにひっくり返してくれるとは...。

原発の存在自体の是非は措くとして、関係者らも嘆いているように今回の経緯の最大の問題は、"疑問符付き"と言われるほどに科学的な根拠が曖昧なまま、司法が行政の思惑べったりに見えてしまう、その自律性の欠如だろう。

狭山事件の再審請求も未だに通らない、この国には本当に独立した「司法」というものが存在するのだろうか。「もんじゅ」などと---名前負けも甚だしいなぁ。

長いですが、以下、記事全文です。

----------

高速増殖炉「もんじゅ」の原子炉設置許可処分を適法と認め、原告側逆転敗訴とした最高裁判決は、原発に反対する住民には極めて厳しい司法判断となった。「不当だ」と批判する住民側に対し、国や事業者は、事業推進への「お墨付き」と受け止める。それでも、かさむコストや安全性から、実用化には疑問符が付いたままだ。

 「再開に向けた準備を粛々と進めるだけ」。もんじゅを推進する国や事業者は、国側勝訴の判決を最終的な“ゴーサイン”と受け止めている。

 もんじゅは今年秋から約179億円かけた改造工事が始まり、08年初頭の運転開始が予定されている。文部科学省は再開後の10年程度で、当初の目的だった発電プラントとしての信頼性の実証やナトリウムの取り扱い技術を確立。その後も長寿命の超ウラン元素の燃焼などに取り組む計画だ。

 運転再開後、順調なら年間100億円以上の売電収入が得られるが、運転・維持費は毎年150億〜200億円と見込まれる。このため建設費を含めた経費は近い将来、1兆円の大台に迫る勢いだ。しかも「原型炉」であるもんじゅの次の段階、「実証炉」の計画は今のところ全くない。

 電気事業連合会は94年1月、もんじゅの成果を取り入れた実証炉1号機(出力66万キロワット)を00年代初頭に着工すると発表した。しかし、95年の円高に伴う内外価格差の解消、電力自由化の流れで状況は一変。政府の原子力委員会は97年末、高速増殖炉懇談会の最終報告で「将来のエネルギー状況を見ながら、柔軟に対応していく」とし、実証炉の計画は白紙に戻った。

 国は次世代型の原子炉を見込んで、もんじゅを核とした実用化戦略調査研究を電力事業者とともに進め、2015年までに結論を出す方針だ。しかし、業界関係者は「電力業界には、将来も実績のある軽水炉の改良版を使えばよいとの意見も根強い」と明かす。

 文科省の幹部は「国がせっかく開発した技術が捨てられてしまう懸念はある」と語り、実用化の見通しが不透明なことを認めている。【中村牧生】

 ◇2審の違法性指摘と正反対、国の主張を追認

 30日の最高裁判決は、過去の判例に沿って、原子炉の設置許可に関する審査の対象を、安全対策全般でなく、原子炉と周辺施設の「基本設計」に限定したうえで、その内容について、国に一定の裁量権を認めた。このため、2審が違法性を指摘した数々の問題点は、安全審査の対象外とされ「現在の科学水準に照らしても、看過しがたい過誤、欠落はない」と正反対の結論を導き出した。

 もんじゅ訴訟には大きな特徴があった。毒性の強いプルトニウムを燃料とし、水や酸素と激しく反応するナトリウムを冷却材として使ううえ、まだ研究段階にあるという施設固有の危険性を巡る安全審査の是非が問われた点だ。

 実際に95年、2次冷却系でナトリウム漏れ事故が発生し、多くの国民が施設の安全性に疑問を持った。特に事故後の実験で、ナトリウムとコンクリート床との接触を防ぐために敷設された鋼板(床ライナー)に、特殊な腐食で穴が開く可能性があることが判明。この腐食対策も、訴訟で大きな争点の一つとなった。

 名古屋高裁金沢支部判決(03年1月)は、稼働実績のある商業用原子炉に比べて安全審査の対象が広範囲にわたると指摘。事故後に分かった腐食への対策が、過去の安全審査で考慮されていないことを許可処分を無効とする要因の一つに挙げて国を厳しく批判した。

 これに対し、最高裁判決は、安全審査の対象選択に国の裁量を認めたうえで、事故後に露見した欠陥については「許可前の審査対象に含まれていなくても不合理ではない」と判断。蒸気発生器の伝熱管破損事故対策で「高温ラプチャ型」と呼ばれる破損を考慮していなかったため「炉心崩壊を起こす恐れがある」とした2審の指摘も「高温ラプチャを相当程度回避できる設計で、合理的推論とは言えない」と国の主張を追認した。

 だが、訴訟を通じて司法が確認したのは、原子炉設置許可をした時点の安全審査が「不合理ではない」という点だけだ。最高裁判決も「後続の認可の段階で十分な審査がされなければ、その認可の違法が問題とされる」と指摘、現在の施設の安全性まで保障したものではない。今後の科学技術の進歩で新たな知識が得られれば、信頼が再び揺らぐことも考えられる。国や事業者には、徹底した安全管理が求められる。【木戸哲】

 ◇核燃料サイクルとは…使用炉に応じ2種類

 軽水炉で燃やした使用済み核燃料の中には、燃え残りのウランやプルトニウムが含まれる。使用済み核燃料を再処理してこれらを取り出し、新しい燃料として再度、原子炉で使うのが核燃料サイクル。これには軽水炉を使うものと高速増殖炉を使うものの2種類がある。

 前者は、青森・六ケ所再処理工場の07年稼働で一部が動き出す予定だが、コスト高や余剰プルトニウムの発生が課題。プルトニウムはウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料に加工し、軽水炉のプルサーマルで燃やす計画。

 後者は、燃えないウラン(ウラン238)をプルトニウムに変換でき、ウラン資源の大幅な節約につながるが、当面動く見通しはない。

 高レベル放射性廃棄物を深地層に埋める方法や場所は未定だ。【中村牧生】

 ◆研究開発必要ない

 ▽NPO法人・環境エネルギー政策研究所、飯田哲也所長の話 国の役人は自らのメンツのために上告し「政策が間違いでなかった」と誇示するために、運転を再開しようとしている。もんじゅに将来性はなく、研究開発も必要ない。国は高裁判決で敗訴した時点で、廃炉にすべきだった。

 ◆再開を急ぐべきだ

 ▽ エネルギー戦略研究会を主宰する金子熊夫・元東海大教授(社会科学)の話 今回の最高裁判決は予想通りの結果で、あっけないほど常識的なものだったと思う。高速増殖炉をやらないと、日本のエネルギー政策は未完成であり、もんじゅは早く運転を再開すべきだ。原型炉でもたついていては実用化の有無も判断できない。

 【原発開発の4段階】新型の原発は「実験炉」「原型炉」「実証炉」「実用炉」の4段階で開発される。もんじゅは実験炉「常陽」に続く原型炉で、技術的な性能の見通しを得るのが目的。実証炉は実用規模の実証と経済性の見通しが目的で、電気事業者の責任で開発が進められる。

01:00 午後 社会・ニュース | | コメント (4) | トラックバック (4)

はてなブックマークに追加

2005.05.30

# どっちをとるのか

リンク: 日本脳炎の予防接種中止、きょう緊急勧告 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

厚生労働省は、幼児から高校生まで年間400万人余りが公費負担で受けている日本脳炎の予防接種について、都道府県に対し、市町村による推奨を中止するよう求める緊急勧告を30日に発令することを決めた。
山梨県甲斐市の女子中学生が接種後に重い神経症状に陥ったことを受けた措置で、国が予防接種を中止するのは極めて異例だ。

あれ? ウチの長男も先日受けたような...。

年間10人程度の発症と、100万人に1人の発症と、どちらをとるかという...難しい問題みたいですねー。

以下、記事全文です。

----------

厚生労働省は、幼児から高校生まで年間400万人余りが公費負担で受けている日本脳炎の予防接種について、都道府県に対し、市町村による推奨を中止するよう求める緊急勧告を30日に発令することを決めた。

 山梨県甲斐市の女子中学生が接種後に重い神経症状に陥ったことを受けた措置で、国が予防接種を中止するのは極めて異例だ。

 ただし、中止による混乱を避けるため、希望者には引き続き、公費負担による接種を認める。

 問題となった中学生は昨年7月、日本脳炎のワクチン接種を受け、11日後にめまいや頭痛を発症。脊髄(せきずい)を中心とする中枢神経に炎症が起きる「急性散在性脳脊髄炎(ADEM)」と診断され、人工呼吸器をつけるほどの重体に陥った。甲斐市調査委員会が今年3月、「ワクチンが原因の可能性が高い」との報告書をまとめ、予防接種後の健康被害に対して医療費給付を決める厚労省疾病・障害認定審査会も今月25日、市調査委の判断を追認、給付を決めた。

 ADEMは、日本脳炎ワクチンの接種後に、100万人に1人の割合で起きることが知られ、国内では1991年度以降、13例に医療費給付が認められた。だが、ワクチンとの因果関係が不明なことや、大半が一時的な発熱で回復しており、厚労省は「接種による日本脳炎の予防効果の方がはるかに上回る」として、接種を推奨してきた。

 今回の中学生も、ワクチンとの因果関係は医学的に確定されていないが、厚労省は、過去に比べて極めて重い症状であることを重視。さらに、日本脳炎を媒介する蚊の駆除が進むなど環境が変化したうえ、日本脳炎のウイルスは人から人には感染しないことから、予防接種を中止しても患者は増えないと判断した。

 厚労省は今後、予防接種法が接種を推奨する対象疾病から日本脳炎を外すことも視野に、同法の改正作業に着手する。同法では、日本脳炎ほか、麻疹(ましん)、風疹など計7種の予防接種について、集団発生を防ぐ目的から積極的に推奨。このうち、日本脳炎の接種は、〈1〉生後6か月以上90か月未満〈2〉9歳以上13歳未満〈3〉14歳以上16歳未満が公費負担の対象で、年間約400万人が受けているほか、海外旅行者や養豚業者なども自己負担で接種している。

 ◆日本脳炎=ウイルスに感染した豚の血を吸った蚊を通じて人間に感染する。100〜1000人に1人が脳炎を発症。発症者のうち約15%が死亡し、半分は神経の後遺症を残す。1960年代は、国内で年間1000人以上が発症していたが、92年以降は10人未満に激減した。

12:48 午後 社会・ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# タイトルはやや過剰ながら

リンク: ITmedia Games:なぜゲームは愛されるのか――次世代ゲーム機までのミッシングリンク (1/3)

掲載されている画像だけでも面白いので、一応載っけておこう。

01:58 午前 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.05.27

# まだ戦後なんだ

リンク: Sankei Web 産経朝刊 「旧日本兵2人 比で生存」ミンダナオ島 引き揚げできず山岳に

フィリピン・ミンダナオ島で、旧日本兵とみられる男性二人が現地当局に保護され、帰国を希望していることが二十六日、分かった。二人は、山岳地帯で終戦を迎えたため引き揚げに間に合わず、そのまま現地で生活していたとみられ、ほかに数人が保護を希望しているという。

驚きですが、そういえば横井さん・小野田さんが救出された当時、「他にもまだ旧日本兵がいるはず」というような記事があったことを覚えています。

そして、まるでこのニュースに合わせたかのように、こんな芸能ニュースも。

中村獅童が「小野田少尉」役(デイリースポーツ)

以下、元記事の引用。

「(旧)陸軍最後の現役師団」というだけで、相当悲惨な運命を辿ったことが想像されます。

----------

フィリピン・ミンダナオ島で、旧日本兵とみられる男性二人が現地当局に保護され、帰国を希望していることが二十六日、分かった。二人は、山岳地帯で終戦を迎えたため引き揚げに間に合わず、そのまま現地で生活していたとみられ、ほかに数人が保護を希望しているという。日本大使館員が二十七日に二人と会い、身元が確認されれば帰国のための手続きを行う。旧日本兵の帰国は、実現すれば小野田寛郎さん以来三十一年ぶりで、戦後六十年目の生還となる。

 保護された二人は、旧陸軍第三十師団捜索第三十連隊第三中隊の元中隊長、山川吉雄中尉(87)=大阪市西区出身=と中内続喜上等兵(83)=高知県明治村(現越知町)出身=とみられる。さらに数人の旧日本兵が生存し、保護を求めているという情報があり、日本大使館などで身元確認を急ぐ方針。

 二人はモロ・イスラム解放戦線(MILF)などの反政府ゲリラが支配する同島などの山岳地帯で約六十年間にわたり生活していたが、今月下旬になり南部サウスコタバト州ゼネラルサントス市郊外のスルタン(イスラム教国の君主)支配地域に移って国家捜査局(NBI)に保護され、帰国を熱望しているという。

 同連隊の関係者によると、第三十師団は昭和十九年七月、同島のダバオ市に上陸。同年九月に米海軍艦載機による空襲を受け、翌二十年四月に同島中央部の渓谷地帯マライバライで「自給自戦」を命じられていったん分隊となり、同島北部のワロエで再集合することになっていた。

 彼らは小人数で山岳部を転進中に終戦を迎えたため師団の引き揚げに合流できず、残留を余儀なくされた。以後、山川元中尉らは同島南部のブルアム湖近辺などを拠点に生活していたが、昨年九月に同島東部と中部で木材の切り出しなどを行っている長崎県在住の日本人の関係者(54)が山中で旧日本兵と遭遇。その後、いずれも高齢のため帰国を強く望んでいるが、戦線から離脱したことで日本での軍法会議にかけられることを強く恐れていることが分かった。

 別の関係者によると、彼らのほかにも同島山岳地帯などには四十人以上の旧日本兵が生活しているもようで、いずれも帰国を望んでいるという。

 フィリピンでは、北部ルバング島で一九七四(昭和四十九)年、ジャングルに潜伏していた小野田寛郎元陸軍少尉が救出された例がある。また、七二(同四十七)年には米グアム島で、元日本兵、横井庄一さん=平成九年死去=が見つかっている。

                  ◇

 《第30師団》昭和18年6月、朝鮮・平壌で編成された陸軍最後の現役師団。対ソ戦の訓練を受けていたが、19年4月、ミンダナオ島先制防衛のため対米戦備を整え出陣。師団は16個の部隊などで構成され、「機動兵力として随時重点方面に使用」との方針から、島を東奔西走し、終戦までの1年で500キロにおよぶ行軍を強いられた。戦死者は1万2000人を超える。

12:40 午後 社会・ニュース | | コメント (0) | トラックバック (3)

はてなブックマークに追加

2005.05.26

# 紺屋の白袴

リンク: ITmediaニュース:文化庁サイトにMac OS Xのアイコンが?

役所のおバカはいまさら、ですが。
よりよって、著作権に関するページで著作権侵害の疑われる行為をしちゃうとは...このページ作った人、なに考えてたんでしょうね。

ちなみに、翌日5/26の午前中には、もうこのページ削除されました。

07:08 午後 社会・ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.05.25

# Phishy, not Fishy

リンク: ITmediaアンカーデスク:いっそスパムを楽しんでみては?

ほとんどの人はスパムは楽しさとは無縁のものだと思っている。だが、撃退できないなら楽しんでみてはどうだろう。
Most people don't think of fun and spam as residing in the same universe. But if you can't beat it, I say, why not have fun with it?

確かにスパムはときどき、いいネタになります。スパムメールを集めて紹介しているサイトというのもありますし。

「私と会ってください」メールが英語にもあるとは知らなかった。英語が下手くそだそうだけど、まさか日本で毎日受け取ってるのと同じ連中が一所懸命に英訳している、というわけではないですよねw

ところで、このニュースを読んでいて改めて "phishing" を引いてみたら、語源には異説があるようでした。Wikipedia の英語版と日本語版で、すでに違ってます。

The term "phishing" is sometimes said to stand for password harvesting fishing, though this is likely a backronym.
("phishing"という語は、おそらく逆略語だろうが、Password Harvesting fishing の意味だと言われることもある。Wikipedia)

sophisticatedとfishingの合成語とされる。(Wikipedia 日本版)

前者のほうが「巧い」感じがしますが、だからこそ backronym(この単語自体も辞書にはありません。acronym からの造語です)くさいんでしょうね。

ところで、この記事にも誤訳ありますねー。

Of course, maybe this really is how 18-year-old "Julie" from "Texas Highschool Houston" really communicates. Or is it really a 28-year-old coder in Romania? Which would you pick?
もちろん、これは本当に「テキサス・ハイスクール・ヒューストン」の18歳の「ジュリー」が連絡してくれているのかもしれない。あるいは、本当にルーマニアの28歳のプログラマーなのかも。

この、2番目の really は「本当は」と訳さないと文脈おかしいのでした。

09:06 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# しばらく行ってないなー

リンク: 尾瀬の入山、厳しくなる?保護財団が新基準 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

群馬、福島、新潟3県などで組織する「尾瀬保護財団」(理事長・小寺弘之群馬県知事)は、日光国立公園・尾瀬の入山者がオーバーユース(過剰利用)だとする基準を、従来の1日当たり1万人から、5000人に半減させることを決め、環境省に報告した。

小生が尾瀬に最後に行ったのはもう7年も前のこと。その後は毎年、シーズンになると何やかやと忙しくて足が遠のいていました。どうせなら、5年間とか10年間とか全面立ち入り禁止にしたらどうでしょう。


(続きページに記事全文)

規制には賛成ですが、発想が観光を基準にしているところが限界ですね。

本来なら、一定期間は全面立ち入り禁止---尾瀬山域すべてにしなくても、尾瀬ヶ原だけでも---にすれば、尾瀬もかなり回復すると思うんですけどね。でも、経済視点が先に立つと、観光収入をまったくなくしてしまうわけにはいかないということでしょう。

あるいは、しばらく鳩待峠と沼山峠を閉鎖する、というのはどうでしょう
そうすれば、尾瀬に入ろうと思ったら、御池口から燧ヶ岳を登って尾瀬沼または原まで下りるか、大清水口から三平峠を越えるか、しかルートがなくなって、たぶんこれだけで入山者は10分の1以下になると思いますよ。

以下、記事全文です。

群馬、福島、新潟3県などで組織する「尾瀬保護財団」(理事長・小寺弘之群馬県知事)は、日光国立公園・尾瀬の入山者がオーバーユース(過剰利用)だとする基準を、従来の1日当たり1万人から、5000人に半減させることを決め、環境省に報告した。

 この新基準を基に、入山規制の強化が検討されることは必至で、試算方法の妥当性を含めて論議を呼びそうだ。

 尾瀬の入山者は1990年代に入って急増。年間約65万人に達した96年には1日1万人を超える日が11日を記録し、木道やトイレに長蛇の列ができた。

 このため、98年、“1万人基準”が暫定的に設けられ、入山者の5割が集中する群馬県片品村の鳩待峠では、99〜2004年度、基準をにらみ、マイカー規制に加えて観光バス規制も行われた。

 新基準は国立公園の適正利用を考えるため、同省が算出を委託したもの。財団では00〜04年度、7段階の混雑状況の写真を示して感想を求めたり、木道で不快に感じる他人との距離を聞いたりする調査を延べ約5000人に実施。さらに「快適」だと感じる人が多かった日の入山者数などから算出したという。

 ただ、「自然への影響の数値化は極めて困難」として、入山者の踏み付けなどによる植生破壊や湿原の裸地化などへの影響は考慮されておらず、「利用者の快適性」に焦点をあてて算出した形だ。

 入山者は、04年度に1万人を超える日がなかったため、今年度の観光バス規制は見送られているが、新たな“5000人基準”の下では、過剰利用と判断される日が増える見込みで、規制が復活する可能性は高い。

 新基準について、日本自然保護協会の横山隆一理事(尾瀬担当)は「利用者側に立った調査とはいえ、自然への負担は軽減される。将来的には生態系に与えるダメージから数値化するのが望ましい」と一定の評価をしているが、片品村観光協会の萩原保正副会長は「ほかの観光地と比べ、尾瀬が特別に混雑しているとは感じない。地元として十分な説明を求めたい」と話している。

12:53 午後 社会・ニュース | | コメント (0) | トラックバック (1)

はてなブックマークに追加

# 「身代金」は小説の中だけにしようよ

リンク: ITmediaニュース:HDD上のファイルを人質に“身代金”要求する新手の攻撃

ことの是非は別とすると、まあー面白い手を考えたものだと感心。実際にはこんな風にメッセージが出る(こちら、いちばん下のショット)そうなので、これ、たぶん払う人いるんじゃないかな。

ところでこれ、もし "身代金"払ったら、ちゃんと人質を解放してくれる(=デコーダを送ってくれる)のでしょうか?

12:21 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.05.24

# インテル、齧ってる?

リンク: ITmediaニュース:[WSJ] 再び浮上する「Pentium Mac」の可能性

つい先日、MS の XBox 360 が PowerPC を採用することが公式に判明したわけですが、今度は Apple が Intel を? という話。ただし、あくまでもまだ推測の域のようですが。

【追記】
その後、わりとあっさり公式に発表されましたねー。

09:21 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# へぇー

リンク: 「一番好きな曲」ビートルズはゼロ…BBCが人気投票 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

英BBC放送のラジオ2が、過去半世紀を10年ごとに区切って一番好きな曲を選ぶ人気投票を行ったところ、意外にもビートルズの曲が一つも選ばれなかった。
 投票は、各年代ごとにリストアップされた5曲の中から好きな1曲を選ぶ形式で、総計600万人が回答した。
 1955年から64年の1位は、英国ロックの草分け的存在キンクスの「ユー・リアリー・ガット・ミー」で、「シー・ラブズ・ユー」「プリーズ・プリーズ・ミー」のビートルズの2曲を抑えた。  65―74年はデビッド・ボウイの「スペース・オディティ」が「イエスタデイ」を、75―84年もクイーンの「ボヘミアン・ラプソディー」が「イマジン」(ジョン・レノン)をそれぞれ上回り1位となった。

これ、区切りを変えたら全然違う結果が出るのかも。

08:59 午後 文化・芸術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# いつから数えるか

"GUID" に関する記事を読んでいたら、「なんで基点が西暦1582年10月15日なのかな」ということが気になりだして、思わず暦のことを勉強しちゃいました(世間では常識と呼ぶかも)。

1582年10月15日
グレゴリオ暦、つまり今も使われている太陽暦ですが、これを使い始めたのが西暦のこの日なのですね。で、それ以前に使われていたのがユリウス暦。この2つの最大の違いは閏年の処理にあります。ちなみにこの年は、ユリウス暦10月4日までカウントした次の日がいきなり10月15日になります。

と、ここまでは何も問題はないのですが...

実は、ユリウス通日(or ユリウス日)なるものがあって、電算世界(つまり GUID でも)でも広く利用されているのでした。これは、○年▽月×日のような表記ではなく、ある基点から日数ベタでカウントした総日数を表す方法です(厳密には1月1日正午が0.0。また、桁を短くし深夜を0とした「修正ユリウス日」というのもある)。たとえば、2004年1月1日は「2451545日」と表されます。ちなみに、こちらの「ユリウス」はユリウス暦の Julias とは別だそうです。

で、その基点はいつかと言うと...、唐突にこんな日付が出てきます。

紀元前4713年1月1日
皇紀元年は紀元前660年なわけですが、何でしょうねこの半端な大昔の数字は?
ということで、この謎解きは Wikipedia にお任せします。ja.Wikipedia で「ユリウス通日」をご覧ください。

12:44 午後 社会・ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# PCとチャーハンとカレー

リンク: ITmedia PCUPdate:Windows XPでカレーが何杯食べられる?──IT大国インドの海賊版事情

ITMedia さんはしばらく前から海賊版問題を積極的に取り上げています。前回までは圧倒的な? 違法コピー率を誇る中国の話でしたが、今回は "IT大国" インドです。ちなみに、ここでは取り上げそこねましたが、中国の海賊版事情の記事(4/18)はこれです。

中国は「海賊版」から逃れられるか

また、中国におけるチャーハン単位の PC の値段については、こちらです(3/14記事)。

中国の所得別PC事情に泣け

そもそもインドはビジネスやプログラミングなどのビジネス利用からPCが普及し、中国は(もちろん事務用途もあるものの)ゲームやチャット、DVDといったホビーユースを中心にPCが広まっていった。
インドでも海賊版のCD屋はあるにはあるが、そのような店はそれが悪いことだと知っているかのように、こそこそと販売している後ろめたい空気があった。しかし、中国では実におおっぴらに販売している。

これは実におもしろい、お国柄の違いです。確かに「はじめにビジネスありき」であれば、ペナルティがこわくて違法コピーなど、おいそれと使うわけにはいかないでしょう(ウチの会社でも、数年前からソフトウェアの管理が一気に厳格になりましたね)。

では、「インドに IT 産業が根付いた、そもそもの理由は何なのか?」ということが知りたいです。ITMedia さん、ぜひお願いします。

12:14 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.05.23

# 26300分の1

リンク: asahi.com: 東京メトロ日比谷線で男性はねられ死亡 40本に遅れ?-?社会


23日午前8時ごろ、中央区八丁堀2丁目の東京メトロ日比谷線の八丁堀駅で、男性がホームから線路に転落し、菊名発北千住行きの列車(8両編成)にはねられた。男性は病院に運ばれたが、間もなく死亡した。

 警視庁中央署によると、男性は50歳ぐらいで、倒れ込むように落ちたという。この事故で、同線は全列車計40本が最大約20分遅れ、約2万6300人に影響が出た。

はい。小生もこの頃ちょうど出勤途中。2万6300の1なのでした。

ここ数年、ホームからの転落死がとかく話題になりますが---件数が増えたのか、目立っているだけなのかは判りませんが---。なんで都営・三田線のような、転落しようのないセーフガードを全面導入しないんでしょう

http://www.k3.dion.ne.jp/~misono/mt/mthd.html

お金の問題がネックになってるんだとしたら、それは絶対におかしい。東京都の交通局にできて、営団(古い名前ですか)にできないはずはないので。

12:34 午後 社会・ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# Kingdom of Heaven

リドリー・スコットが、またなんでオーリーを? と首を傾げつつも、Kingdom of Heaven 観てまいりました。

実は小生、RotK(The Lord of the Rings の第三部、念のため)ショック以来、洋画全般からすっかり足が遠のいており、CS 放送をメインに邦画ばかり観ていたのですが、今作ばかりは、久々に洋画に対する不満が解消された思いでした。

本来は1時間近く長い尺だったそうで、現在の公開版は、いわばストーリーが辛うじて判る程度に編集したダイジェスト版というところ(長尺版 DVD が来年出るそうなので、辛抱して待つことにしましょう)。ストーリー展開のあちこちに不自然さと説明不足が目立つのはダイジェスト版ゆえなのでしょうが、世間の評判を見ていると、それ以上に「判りにくい」やら「主人公がイマイチ」、「退屈」という声が上がっているようです。どこがどう判りにくいのか、小生にはよくわからないのですが、結果的に「不親切な映画」になっていることは確かかもしれません。

以下、ネタバレありです。

とにかく全編、絵を楽しみましょう。リドリー印、健在です。
広大な風景---フランスの緩やかな台地や、港から眺望した地中海、そして砂漠の遠景---を撮るときのパンニングの申し分ない加減。フレームに入った人物の性格や関係さえ的確に描く構図。ものの質感だけでなく、暑さや湿度まで伝えるよう計算された光と影。Master and Commander で描かれた海も十分の迫力でしたが、この映画でちらっと出てくる荒天の海は、そのまま一枚の画になるような美しさなのでした。

攻城戦ということで TTT や RotK との類似を指摘する向きもありますが、似たようなシチュエーションを、格段に上質な絵で描いたところをみると、Peter Jackson のような、いわば "ぽっと出のオタク監督" に対する当てつけかな、とも邪推したくなります。

特に乱闘シーンでは差が歴然。PJ の、特に RotK の乱闘シーンは、はっきり言って「汚なかっ」た。動きが早ければスピード感が出ると勘違いしているかのような乱雑な撮影で、観ていていたたまれないくらいでした。最近の歴史大作 Troy や King Arthur はもう少しマシでしたが、それらにしても殺陣が面白いという程度で、撮影は凡庸の域を出ませんでした。Kingdom of Heaven では、乱闘でさえ美しい。人物を仰ぐ角度を多用して、しかもそこに太陽を映しこむショットは特に秀逸(同じく乱闘シーンでのコマ落とし手法は、何度か見るとちょっと鼻につくかも)。

Bladerunner では、近未来の L.A. の風景を描く通奏低音として、そぼ降る酸性雨が印象的でしたが、今回それに当たるのが「砂」でした。視界を遮る砂嵐、風紋を作り流れる地表の砂、兵士の血が沁みこんでゆく砂...。観ていると口の中がじゃりじゃりしてきそうな臨場感です。


オーリーでこの映画を売ろうというのは、例によって日本の映画業界にありがちな愚行なわけですが、Orlando Bloom を主役に配したキャスティング自体は是であろうと思います。どう贔屓目に見ても、主人公 Orlando Bloom より脇を固めている役者の方がイイですよね? このような「弱い」主人公、そして周囲の人物とのバランスこそ、実はこの映画のキモなのではないかと。

先ほど Bladerunner を引き合いに出したのは、これら二作品の間に相似パターンが見受けられたからです。

Bladerunner は、人間 vs アンドロイドという戦い(もしくは一方的な殺戮)を経る中で、人間である主人公 Deckard がその殺戮の正当性、アンドロイドの生存権、ひいては人間である自分という存在にまで疑問を抱くようになり、そして最後までその疑問が解決されることはないという映画でした(公開時にはこのテーマがぼかされてしまいましたが、最終版で明白になっています)。

Kingdom of Heaven では、これがクリスチャン vs イスラム教徒という図式になります。主人公 Balian は、冒頭から Christianity に対する疑念を抱かされたまま、その対立の真っ只中に身を投じます(余談: 自殺した者の魂は救済されないという残酷さについては『テス』などでも触れられているのですが、日本人にはあまり馴染みがないでしょうか?)。

十字軍の掲げる大義と理想の大嘘、アラブ側の正義と正当性、敵将サラディンの清廉さ、そしてつかの間の平和をその人格で辛うじて支えているエルサレム王(ボードワン4世)。それらに直面したとき、普通の "ヒーロー" なら自らの意思と判断で去就を決めるところでしょう。でも我らが Balian にはそれができない。なぜなら彼は、聖地と言われるエルサレムに来てさえ、自身の信仰(もしくは信仰に対する信頼)を、望んだ形ではついに満たされえなかったから。

つまり、アンドロイドの生存を否定しえなくなり、自分が人間であるという立脚点すら危うくなってゆく Deckard と同じように、Balian もまた拠って立つべき土台を持ちえなかった。そのことが、主人公を「立場のふらふらした」キャラクタに見せてしまうわけですが、その「ふらつき加減」こそがこの作品の真意、監督の意図なのであって、それを見逃すとこの映画を正しく評価できないことになります。

ところで、現代の、特に日本人にとっては「(ゴルゴタの丘に立ってさえ)神の声が聞こえなかった」という Balian の絶望感、もしかしたらそれがいちばん判りにくいのかもしれませんね。人が「良き人生」を生きるための基盤といえば、それは宗教以外にありえないという世界観そのものがピンと来ないわけですから(ただし Balian の場合、宗教のほかに父から譲り受けた Knight としての使命感というものがあり、それだけが彼を支えてゆくことになるのですが)。

そんな絶望感を抱くしかない彼の周りで、さまざまな立場の人間が「神」の名を口にします。「神」の名で「聖戦」を戦っていると信じて疑わないアラブの民。「神」の意思を口実に女子供を見捨てようとする司祭。誰もが語る「神」とはいったい何なのか。エルサレムという地は彼らにとっていったい何なのか。Balian は、最後までその答えを得られないまま、状況に流されて戦いに臨んでゆく(「状況に流され」ちゃう主人公というのも、一般に受けがよくないのでした)。

Balian: What is Jerusalem worth?
Saladin: Nothing....Everything

このやりとりこそ、この映画の最大のクライマックス。「たかがエルサレム。されどエルサレム」といったところでしょうか。実に味わい深いセリフなのですが、万人にとって親切かつ判りやすい結論にはなっていません。最終解答を拒む作品というのはそれだけで評価が真っ二つになりがちです。もしこの映画を観てイマイチ感を覚えた方がいるなら、視点を変えて観てみることをお勧めします。

(余談ですが、邦画『もののけ姫』のときも「テーマが曖昧」という声が周囲から多く聞こえ、愕然とした覚えがあります。『もののけ姫』も、<自然 vs 人間>という対立について監督が最終解答を拒絶した映画でした。むしろ「答えなんかない。みんな自分で考えろ」という姿勢こそが監督のメッセージだったわけで、まあアメリカでポケモンに負けちゃうのは当然なのでした)

そうそう、主人公より相手のボス? の方が格が上、というのも似てますし、ヒロインが美人で---小生の好み入ってますが、監督の好みでもあるに違いない---、ただし役者としては大根というのもある意味で共通しています。

ついでに、エンディングもそっくりかも(ただしこれは劇場公開版 Bladerunner の話。Kingdom of Heaven も本来のエンディングは今のバージョンとは違うらしい)。

01:53 午前 映画・テレビ | | コメント (1) | トラックバック (1)

はてなブックマークに追加

2005.05.20

# ...と思っていたら、ヒヒッ

リンク: ITmedia Games:Xbox 360試遊台ケースの中には扇風機が

いやもー、楽しいネタ続きでユーザーを魅了しつづけています w。

08:47 午後 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 人気のバロメータ

リンク: ITmediaニュース:「スター・ウォーズ」公開初日で早くもネットに流出

まあ当然そうでしょうね。ちなみに、公開初日未明だけで推定1650万ドル(約17億7000万円)の興収だそうです(比較データ: 『王の帰還』は初日未明で約800万ドル)。

SW でも Windows でも、海賊版の数は人気のバロメータ。だと思うのですが、当事者たちはそんな風に割り切るわけにはいかないようで。最近映画館でよく流れる「海賊版撲滅キャンペーン」の CM 観ました?

特に美人でもない---今時なら平均くらい?---、ただしどこか気が強そうな女の子がアップになって、しばらくすると両の目から涙が流れる。その涙が途中から黒くなっていく。意図は判るのですが、この CM、非情に不快です。

キャンペーン自体に抵抗感があるということもありますが、あの黒い涙に対する生理的な嫌悪感の方が大きいかも。なんであんなキタナイ画像を見せられなきゃいけないのか? そもそも、ちゃんとお金払って劇場に来ている客にあんな CM を見せるって、間違っているし失礼でしょう。

話は戻ってエピソードIII。
予告編を観るかぎり、エピソードII よりはマシそうですが、SFX 画面がもう完全にペラペラでしたね。質感も質量感もまったくなしの薄っぺら。いよいよ「実写と CGアニメの合成映画」という様相を呈してきました。

08:26 午後 映画・テレビ | | コメント (3) | トラックバック (3)

はてなブックマークに追加

2005.05.18

# 今さら...の裏を読んでみた

リンク: IE 7はやはりタブブラウザに--Firefox陣営からさっそく牽制も - CNET Japan

Firefox がここまで受けているのは "タブブラウザだから" ではない(少なくともそれがメインではありえない)のだよ、明智くん---というツッコミを入れたいところですが、むしろ おまえら、もうブラウザのことあまり真剣に考える気ぃないだろう、と思わせる発表でした。

Windows 95 がリリースされたのは、まだ「ブラウザがタダ」ということが十分ウリになる時代でした(製品版 Netscape はそれなりにいい値段でした)。インターネット自体も、利用人口の急増はこれからという頃です。つまり、 OS にブラウザをくっつけて、「Windows ならこんなに簡単インターネット!」という売り文句で Windows 自体のシェアを獲得していくという、呆れるほど単純な戦略が成立しえたわけです。

ところが今や、ブラウザがタダなのは当たり前。いくらブラウザに開発費をかけたところで、それがウリになる時代ではないし、第一もうけにならない。

もうブラウザなんてどうでもいいもんね、今度はこれ、デスクトップ検索だかんね。え? I.E. のシェアが落ちてきたって? んじゃまぁ、よそのブラウザで受けてる機能を適当に実装しとけば --- I.E.7 開発の真相は案外こんなものかも。

その理由としてはまず、複雑さと統一性に関して、この機能がユーザーにとってメリットよりも混乱の種になるのではないかという懸念を、われわれが抱いていたということがある。IEにタブがあるのに、他のWindows体験の中心的部分となるWindows Media Playerやシェルなどにタブがなかったら、人々は混乱するのではないかと考えたのだ。
"Initially, we had some concerns around complexity and consistency--will it confuse users more than it benefits them? Is it confusing if IE has tabs, but other core parts of the Windows experience, like Windows Media Player or the shell, don't have tabs?"(原文

ツッコミその1: Windows の各製品間でインタフェースが一貫してないなんて、今に始まったことじゃないだろ。

ツッコミその2:さて、確かにタブ機能は万能薬なんかではありません。事実、小生も秀丸エディタを使うときはタブを使わず、今までどおり複数ウィンドウを開いています。その方が Alt + Tab で切替えが簡単だから。では、なぜブラウザとなるとタブ機能がやたらと話題になるのか? そこんとこの差を考えて見るべきでしょう。

ちなみに、タブウィンドウを使うかどうかの差は、小生の場合こうです---
エディタを使うのはだいたい仕事のとき、つまりキーボード操作がメインなので、マウスにはなるべく触りたくない。当然、ウィンドウの切替えもキーボードで済ませたい。一方、ブラウザで複数ページ見るときは、たいてい右手がマウスを操作しているだけ。したがってタブだけでウィンドウを切り替えられるのは楽ちん(もちろん、Ctrl + Tab でもタブ切替えはできるが、Alt 併用より操作性が悪い)。

それにしても、つくづく。
これほど長いあいだ放置され、しかも欠陥だらけのお粗末なソフトウェアが、インターネット界でここまで幅をきかせているというのは本当に解せません。OS 標準だから使うというユーザーが多いのはまだ判るとして---後述の理由により、それも本当は判らないんだけど---、個人でも企業でもほとんどすべてのサイトが平然と「Internet Explorer での表示を推奨」しているのはナゼなのか、これが納得できない(ユーザーが多いから、ですよね、ハイ)。

脆弱性は I.E. 固有の問題ではありません。W3C 標準を好き放題に無視した HTML 解釈についても今は触れません。そんなことより「I.E. って、とにかく使いにくいだろう」と思う理由をあげましょう。

その1: ページ内検索がまったく使いものにならない
・ページを開くたびに、MS-IME がオフ(英語モード)になる。しかもヒットしなかった場合は検索バッファに残らないので複数ページで同じ語を検索しようとすると、そのたびに入力が必要。自前のコンポーネントすらまともに制御しないところが、さすがに MS です。
・検索ダイアログを閉じて次検索ができない。
・じゃあ開いたままで...検索ダイアログを非アクティブにすると、次の検索は開始位置がいいかげん。
・ページの最後まで検索すると、もう上には戻らない。
こんなヘボなら、ない方がマシでしょう。みんな使わないのかな?

その2: ブックマーク管理
・実質的に管理機能が皆無。
・順番の移動でさえ扱いにくい。

その3: そもそも「お気に入り」という訳語が、小生は大嫌いだ

その4: インタフェースの至るところに溢れる愚かしさ
・インターネットオプションでは(デフォルト使用の)「プログラム」を選べるような振りをしていながら、実際は選べない(通常では)。
・他のタブで余った設定を「詳細設定」に押し込んだーという MS らしさ。

その5: とにかく表示が遅い。

うーん、我ながら、MS 製品の悪口となると長くなるのぉ。

12:39 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.05.17

# Force or Workforce?

リンク: Japan.internet.com Webビジネス - 『Star Wars』最新作公開で、欠勤者続出の見込み

来る5月19日は、企業の業務責任者にとって憂鬱な日となるかもしれない。その日は、映画『Star Wars』シリーズ前編3部作の最終エピソード『Star Wars III: Revenge of the Sith』(シスの復讐) が、ついに米国で劇場公開となる日だ。各職場の責任者は、公開初日を狙う従業員の欠勤に、頭を悩ますことになりかねない。

おまいらなー! というか、いやはなんともな国民性ですねー。呆れ度72%、羨まし度28%というところでしょうか。ちゃんと働いてから観に行けー!

エピソードIII は I、II に比べてかなり良い出来だという噂もあるのですが、まだ全然信用はできませんねー。あの II と比べたら、どんな映画だってマシに見えるだろうし。会社の同僚は、「みんなが知りたかった最大の謎の解決編だから、それなりの満足度になったのかな」と推測しています。

エピソード I 公開のときは、お祭り気分もあって先行上映にノコノコ出かけていったものです。最初から期待値を思い切り下げていたわけですが、あのテーマ曲が流れたとたん、ほとんど脊髄反射的にワクワク感急上昇でした---これはもう、どうしようもない刷り込みなんでしょうねー。

実際、音楽といっしょに刷り込まれた記憶って自分ではどうしようもなくて、最近も勤務先近くのコンビニに行くたびに『宇宙戦艦ヤマト』の主題歌が流れていたのですが、あのシリーズの悲惨な顛末を知っていても、あの曲を聴くだけで初放映当時のワクワクがちゃんとよみがえってくるのですね。

さて、この記事、原文のタイトルだけ紹介しておきます。
"The Dark Side of The Force Made Me Do It"「(自分たちが仕事休んでまでこんなことするのは)フォースの暗黒面のせいだもんね」だそうで...。

12:46 午後 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.05.16

# こいつ、動くぞ!

リンク: ITmedia ライフスタイル:保存版?:「LAND WALKER」完全搭乗マニュアル

一般新聞へのリンク(4/21記事)が切れてしまった「ランドウォーカ」ですが、ITMedia にこんなのと、それからインタビュー記事(こちら)が載りました。

――足は全く上がらないのですか?

 「足は上がっていません。言葉で説明するのは難しいのですが……たとえばローラースケートを履いて、軸足を地面にしっかり押しつければ、もう片方の足は前に出せますよね? それを繰り返して進む。そういう仕組みです。

ということで、厳密にはこれ、二足歩行ロボットは呼べないようです。

09:01 午後 サイエンス | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 「ポテート」か「ポタート」か

リンク: オンラインで広がるXbox 360への反響 - CNET Japan

ジャガイモのことを英語で、君が「ポテート」と言えば、僕は「ポタート」と言う。君がXbox 360を凄いと言えば、僕は「良いかも、でも普通だよ」と言う・・・。

この記事の冒頭、訳文で読むと、当然ながら面白さがイマイチです。記事原文はこちら

You say potato, I say "poTAHto." You say the Xbox 360 is smokin', I say, it's okay, but nothing special.

tomato や potato の発音---これはよく見かけるネタなのでした。

STAR TREK: The Next Generation(TNG)の第1シーズン第13話 "Data Lore"---Commander Data の同型アンドロイド Lore の初登場エピソードです---で、自分の方が優秀であるということを誇示するために、Lore が節付きでこれをやります。

Haven't you noticed how easily I handle human speech? I use their contractions. For example, I say 'can't' or 'isn't' and you say 'cannot' and 'is not'. I say tomato and you say tomahto. I say potato and you say potahto... Ha, ha, ha. Yeah. A very old joke.

そう、ここで Lore が言っているとおり、very old joke なのですね。

いずれにしても、Nintendo と Sony がどう対抗するか、楽しみではあります。

07:21 午後 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 禿頭と薄毛は違うけどね

リンク: 資生堂:HPに「薄毛は子孫も迷惑」 抗議殺到、おわび

大手化粧品メーカーの資生堂(本社・東京)が先月ホームページに掲載した意識調査で、「薄毛は子孫も迷惑です」などと記載したことに対して、130件以上の抗議が寄せられていることがわかった。同社はページを削除しておわびした。

小生、薄毛ではありませんが...バカだねー、とつくづく。
ちなみに、謝罪文はこちらです。いつなくなっちゃう判りませんが、ページ全体が画像---こんなのも珍しいですが---なので、コレクタの方はお忘れなくローカルに確保を w

企業のいわゆる "不祥事"---小はこの程度から、大は JR 西日本まで---は別に最近になって急増したわけではないのだと思いますが、少なくとも以前よりレベルが下がってるというか、とにかく「バカだねー」とまず言いたくなるような事件は、間違いなく増えているんじゃないでしょうか(CMの世界で言えば、かなり昔に「風邪は社会の迷惑です」というヤツも問題にならなかったっけ? 「迷惑」は禁句だってことでしょう)。

で、そのバカさに共通しているのが、「ちょっと考えれば、どんな結果になるかは明々白々だったはず」ということでしょう。

「想定の範囲内」というフレーズが流行語になった---一連の経緯が本当に彼の「想定の範囲内」だったのかどーかは知りませんが---のも肯けます。政治でも経済でも、あるいはもっと身近なところでも、実に多くの日本人の「想定の範囲」が異常に狭くなっている、などと大袈裟な言い方をしてもいいし、「想像力が欠如している」と言ってもいいのですが、とにかく「こうすればこうなる」という、ほとんど当たり前のことが見えなくなっている。

しかも、そうなってしまった原因もある意味では共通していて、要は「課された成果を達成しないとヤバイ」ということらしい。呆れるしかない短絡思考です。

以前、教師をしていた頃、テストでカンニングした生徒を居残りさせて問い詰めたことがあります。その生徒の答えはこうでした。「いい点をとらないとお母さんに怒られる」

12:44 午後 社会・ニュース | | コメント (0) | トラックバック (1)

はてなブックマークに追加

# ...と思っていたら、ププッ

リンク: Xbox 360のゲームデモ、動かしていたのはG5 Mac--MSが認める - CNET Japan

新しい XBox...。PowerPC に乗り換えということで、先日さっそくネタにさせていただいたわけですが、またまたこんな楽しいニュース。これからも暖かく見守っていこう、かと w

11:33 午前 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.05.13

# こいつは、○○と同じ運命かな

リンク: ITmedia Games:私が夢に見たマシンがついに登場する――J・アラードが情熱を注ぐ「Xbox 360」とは

XBOX統括者へのインタビュー記事です。えらく熱く語る人だなー、と思いながら読んでいたら、着せ替え可能なトップパネルについてこんなこと言ってます。かなり濃い人のようです。

---ちなみに私のお気に入りは「トランスフォーマー」のデザインだ(笑)。

なお、製品発表に関する記事はこちら

第一印象。なんか、デザインセンス悪すぎーという気がします。ふた昔くらい前の SF っぽいデザインというか、初代機よりアメコミ風味になったというか。これで、筐体が全体的にもう少し薄ければ、最近の大型テレビの脇に立てればそれなりに映えるのかもしれませんが...。

スペックは、まあ相当なもんですが...。かねてからの噂どおり、CPU は Intel から乗り換えて、PowerPC になったんですねー。

さて、この手の筐体---作った本人たちは斬新と思っているかもしれないが、出来上がってみたら意外と古風な見かけ---に PowerPC 搭載といえば...そう、これは Pippin@ の再来ではないですか。とすればその運命も推して知るべしか?

07:32 午後 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.05.12

# 自己複製だ、自己複製だ

リンク: Wired News - 米コーネル大、自己複製ロボットを開発 - : Hotwired

この記事中のリンクから、実際に動いているところも見ることができます。気持ち悪ーいような、かわいーような、絶妙の動きを見せてくれます。

実際の用途とは別に多かれ少なかれ「趣味」が反映されていて、その点がとかく話題になりがちな日本産のロボットとは、かなり違った方向性の研究です。ロボット工学というより、むしろ AI 研究の世界に近いのでしょう。

ところで、そんな日本産ロボットについて書いた 4/21 の記事ですが、読売さんのリンク先ページなくなってますね。慌てて調べてみましたが、新聞社系の記事はリンク先がほぼ全滅のようです。IT 系の記事は最初から日付入りの恒久的な URL が与えられていて、数年経ってもアクセスできるのですが,,,。

しかたがないので今後は、

・記事の内容---の抜粋---をなるべく引用しておく。
・リンクには可能な限り恒久的なページを指定する。

ということにして、とりあえずロボット関連は以下の公式サイトを引いておきます。

・二足歩行で話題になった榊原機械(篠原重工じゃないですよ)のランドウォーカ
・災害救助に使えるという援竜

ランドウォーカは「大河原メカですね」のコメントしましたが、援竜の方は用途から言ってもレイバーそのものです。ただしデザインは、出淵裕というより、落合尚之『鉄人』に登場するプルートそのものです。

09:14 午後 サイエンス | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.05.10

# 雇い兵...?

リンク: 邦人拘束:
斎藤さんの勤務会社 米軍の警備支援が業務

記事そのものではなく「雇い兵」という言葉に反応。「傭兵」じゃないの? と思って調べてみたら、やはり「傭」の字が常用漢字ではないという理由による、新聞言い換え用語でした。

カエサルが使ったのは、ガリアの「雇い兵」ですか?

12:54 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (0) | トラックバック (1)

はてなブックマークに追加