« # PCとチャーハンとカレー | トップページ | # へぇー »

2005.05.24

# いつから数えるか

"GUID" に関する記事を読んでいたら、「なんで基点が西暦1582年10月15日なのかな」ということが気になりだして、思わず暦のことを勉強しちゃいました(世間では常識と呼ぶかも)。

1582年10月15日
グレゴリオ暦、つまり今も使われている太陽暦ですが、これを使い始めたのが西暦のこの日なのですね。で、それ以前に使われていたのがユリウス暦。この2つの最大の違いは閏年の処理にあります。ちなみにこの年は、ユリウス暦10月4日までカウントした次の日がいきなり10月15日になります。

と、ここまでは何も問題はないのですが...

実は、ユリウス通日(or ユリウス日)なるものがあって、電算世界(つまり GUID でも)でも広く利用されているのでした。これは、○年▽月×日のような表記ではなく、ある基点から日数ベタでカウントした総日数を表す方法です(厳密には1月1日正午が0.0。また、桁を短くし深夜を0とした「修正ユリウス日」というのもある)。たとえば、2004年1月1日は「2451545日」と表されます。ちなみに、こちらの「ユリウス」はユリウス暦の Julias とは別だそうです。

で、その基点はいつかと言うと...、唐突にこんな日付が出てきます。

紀元前4713年1月1日
皇紀元年は紀元前660年なわけですが、何でしょうねこの半端な大昔の数字は?
ということで、この謎解きは Wikipedia にお任せします。ja.Wikipedia で「ユリウス通日」をご覧ください。

12:44 午後 社会・ニュース |

はてなブックマークに追加

« # PCとチャーハンとカレー | トップページ | # へぇー »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # いつから数えるか:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。