« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.26

# モーメンタム...ですか?

リンク: ITmedia Survey:先例主義の科学


タイプライターのキー配列については、単に「絡みにくいように」というだけではないそうで、その辺はこちらのサイトさんが参考になりました。

Dvorak jp さん

Dvorak があのドボルザークの親戚だったというのも初耳でした!

さて、この記事の解説するところの「モーメンタム」...? 威勢がいいときなら「いきおい」、否定的には単に「惰性」、今まではそんな風に呼ばれていた現象のことでしょうかね?

確かに、今までは漠然としか捉えられていなかった現象を「研究」してみると何か傾向みたいなものが見えてくる、それはそれで面白いものでしょう。でも、そこにわざわざ momentum などという物理用語を持ち出してネーミングするものだから、実体より先にその "借りものっぽさ"が気になってしまう。用語が気になりだすと、もうそこには胡散臭ささえ感じてしまう、のですね小生は。

path-dependency という用語にしても、背景にヨーロッパ的な「自由意思」という概念がない限り出てこなかったんじゃないかなー、と思うのですが、それぞれの分野で今この用語を使っている人たちに、もちろんそんな意識はないでしょう。本人たちはごく真面目なわけで、こんな "借りもの"の奇妙さは感じていないに違いありません。

そんな風に「学問」になりたがっている「学」の不思議さ、ましてそういう新たな研究の方向性を今さら「科学」と呼びたがる神経に至っては、もう不可思議領域なのですが、たぶんこの手の記事がすぐ目につくのは、小生がこの方面を不思議領域と思って眺めているせいなのでしょうね(要はさ、経済とか経営とかは、小生にとってトンデモの 2 歩手前くらい、のカテゴリだってこと)。

12:57 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (5) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.04.24

# 土曜でよかった...?

リンク: ITmedia エンタープライズ:トレンドマイクロ、PCを守るはずのパターンファイルに不具合

ウチの会社も入ってますねー、コーポレートバージョン。XP SP2 のマシンはあまり多くないと思うけど...いや、確か営業の方は最近リニューアルしたからみんな XP だなぁ。土曜で誰も出社してないはずだから、ウチはたぶんセーフだったことでしょう。これが平日だったら、企業ユーザーも巻き込んで、騒ぎはもっと大きかったのかもしれません。

今日の朝日をはじめとして、ほとんどの記事がトレンドマイクロのリリース前テストを問題視しています。もちろんトレンドマイクロさんの責任は重大です。土日ということで対応が遅れたのもまずかったでしょう。

原因が特定できないまま PC をショップに持ち込み、結局 HD のデータをすべて失うことになったというユーザーもいるようです。「補償してほしい」という気持ちもわからないではありません。

でもねー。ユーザーの側のスキルに問題はないのか?、とも思ってしまうわけです。

このレベルの不具合が起きたら、まずセーフモードで立ち上げてみて、怪しそうなファイルを探す、それが出来ないなら問題なく起動できていたときの状態まで戻してみる---せめてそれくらい、ユーザーが最低限の自衛手段として知っているべきではないのかなぁ(それを考えたら、せめて HD の現状データだけでもレスキューできなかった上記ショップの店員さんはどうなんでしょう?)。

本当はちっともカンタンなんかではないはずの機械を、「誰でも使えます」という安易な宣伝文句で売りまくり、あげくここまで一般家庭に普及させてしまったコンピュータ業界自体に問題はないのでしょうか。

いまだにセキュリティ意識が皆無に近く、平気でexeファイルを添付している多くの企業ユーザーが、今回もし被害に遭っていたとしたら、その何割かは自業自得と言えはしないのでしょうか(ちなみに、冒頭では「セーフでした」みたいに書きましたが、もともとウチの会社では、Adminユーザーでログインしない限り、Windows のオートアップデートも、ウィルス定義の更新も実行されないようになっており、Admin 権限を持つ担当者だけが定期的にその作業を行います。だからどのみちこんなものの被害は受けなかったはずです)。

仕組みを知らなくても動かせる、という点は自動車でも同様です。が、自動車の場合は最低限の安全知識がなければ走らせることができないよう、ちゃんと免許制度というものがあるわけですね。つまりそうしておかないと社会に迷惑をかけることになるから。

個人レベルでもここまで PC が普及してきた今、もしかしたらコンピュータも自動車と同じように「社会に迷惑をかけないよう最低限の知識がなければ使わせない」という方向も考え始めた方がいいのかもしれません。

09:58 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.04.22

# お化けの次はゾンビ

リンク: ITmediaニュース:中国は「ゾンビ」PC大国――CipherTrust調査

かたやネットの遮断でも話題をさらっている中国コンピュータ事情ですが、まあ、とにかく海賊版ゾンビ PC でも、あれだけ人口が多いとやはり「何でもあり状態」になっちゃうわけですね。

中国ネタでキーワードが「ゾンビ」とくれば、当然思い出すのが「キョンシー」なわけですが、案の定、ITmedia さんのニュースページ見出しにはその単語が掲げられていました(笑)。

08:11 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# またやってくれた、"あの"会社

リンク: ITmedia PCUPdate:開発者に聞く、“お化け探知機”の正しい使い方(前編) (1/3).

以前も「おバカ」グッズを紹介したことのある会社ですが、とうとうこんなものまで。

実際の製品を買わなくても、前後編にわたるこの記事を読めばもう「お腹いぱーい」です。

08:09 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.04.21

# ここまで来た

リンク: 乗って操縦できる2足歩行ロボ、1台3600万で販売

モビルスーツ、というよりはむしろ汎用レイバー。たぶん一番近いのは、『エイリアン2』で変形後のマクロスのようなシルエットを見せてくれた、あの作業用ローダーですね。ただし、全体デザイン---特に足まわり---はもう完全に大河原デザイン風味なので、小生としてはウォーカーギャリアを連想しちゃいますね。

空気砲まで付いているというのだから、援竜などとは違ってアミューズメント志向のようです。

たとえばこれを使って対戦のできるようなアミューズメント施設を想定するとして、問題なのは操縦に習熟にかかる時間ですよね。おそらくその場で即動かせる、というものではないでしょう。

とすれば、たとえば PC 用にこいつのシミュレータも開発して売る---もちろん実物と同じコントローラ付きで---というのはどうでしょうか? シミュレータでとことん練習しておいて、実機は施設にいって乗る。まさかこれを個人で購入する人が...いたら驚きです。

08:24 午後 サイエンス | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.04.19

# 出鱈目、でたらめ、デラタメ

リンク: ランダム生成された情報学論文が国際会議に受理される

実際の論文を PDF で落とすことができますが、確かに "いい出来"なんですね、これが。

Rooter: A Methodology for the Typical Unification of Access Points and Redundancy
(ルータ: アクセスポイントと冗長性の典型的統一化の方法論)

いかにもありそー、なタイトルです。Redundancy が決め手でしょうか。

実は今夜は、「怒るのは筋違い」の記事にコメントをいただいた---板倉さん、こんな僻村をご覧になってたんですか? 光栄です---のをきっかけにして、偶々「でたらめ」ネタがそろってしまったのでした。どうも最近、かなり「でたらめ」が市民権を得ているようで(?)、小生などはなんとも嬉しい限りです。

話は、ここから始まります。正しい単語を知っている人ほど、さらっと読み飛ばしてしまいそうです。

これですぐ連想されるのが、ちょっと前のネタ、「英単語の最初と最後だけあっていれば、ほとんど英文を読めてしまう」というやつですね。

Aoccdrnig to a rscheearch at an Elingsh uinervtisy, it deosn't mttaer in waht oredr the ltteers in a wrod are, the olny iprmoetnt tihng is taht frist and lsat ltteer is at the rghit pclae. The rset can be a toatl mses and you can sitll raed it wouthit porbelm. Tihs is bcuseae we do not raed ervey lteter by it slef but the wrod as a wlohe.

画面をじっと見ちゃだめですよ。肩の力を抜いて ^ ^、朝、起き抜けに新聞のリードに目を通すくらいの気持ちで読むと、ちゃんと読めるのですね。情報理論の方ではいろいろと理屈を付けられるのでしょうが、まあ、それはそれ。

で、冒頭に引用した記事の話につながります。
ここに紹介されているプログラムのサイト、ちょっと試してみたら、こんなタイトルの「学術論文」が出来上がりました。

Simulating the Turing Machine and Simulated Annealing with Cow
(旋盤のシミュレーティングと、牛を利用した擬似焼鈍)
"Cow"が出てきちゃう辺りが Monty Python っぽいです。

On the Theoretical Unification of DHCP and DHCP
(DHCPとDHCPの理論統一)
"DHCP"が続いてしまったのが惜しい...。

Deconstructing Extreme Programming
(エクストリームプログラミングの脱構築)
これは秀逸です。deconstruction はこのプログラムに欠かせないキーワードの一つです。

こんな感じのタイトル、これはまたすぐ、RFC のエイプリルフールネタにも直結します。今年は、 RFC 4041と4042の 2つが出たようです(4041 "Requirements for Morality Sections in Routing Area Drafts"、4042 "")。


11:29 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.04.15

# 人を超えた視点

リンク: Wired News - 衛星写真がとらえた「思いがけないシーン」(上) - : Hotwired

これはかなり面白い、ちょっと怖いくらいの新機能です。小生、もともと「地図を眺めて何時間も過ごせる」のですが、それが衛星写真と連動しているのですから、もーたまりません。自分が知ってる場所ならもちろんですが、知らない場所もスクロール拡大スクロール拡大...を繰り返していくうちに、ちょっとした旅行気分も味わえそうです。

07:03 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 怒るのは筋違い

リンク: インテルに図書館関係者が激怒--さっそく紛失した「ムーアの法則」初出雑誌 - CNET Japan

えー、元のニュースはこちらですね。1965/4/19号だそうなので、ちょうど「ムーアの法則40周年記念」ということだったんですね。

図書館のみなさんが憤慨すべきは、不届きな学生の存在であって、そのきっかけを作ったインテル "入ってる"さんを責めるのはお門違いというものですが、迂闊な懸賞を発表してしまったインテルさんといい、筋違いに怒っている関係者といい、妙にマヌケなニュースなのでした。

07:00 午後 パソコン・インターネット | | コメント (1) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2005.04.06

# 脆弱なる...

Firefoxに新たな脆弱性--メモリ内にある情報流出のおそれ - CNET Japan

Firefox を愛用している小生も、Firefox が脆弱性からフリーだとは思っていません。ユーザー数が増えれば増えるほど、この手の報告も増えることでしょう。

原因はもちろんプログラミング上の手抜きなわけだから、あって当たり前と公言してもらったら困るのだけど、ブラウザに限らずどんなアプリケーションでも flawless というわけにはいかない。スキがある以上、それを狙うヤツは必ず現れる。

であれば、IE と Firefox でどちらの脆弱性が多いか、などという次元で競っていても実は意味がないかもしれない。なんで今これほど Firefox が受けているのか。「IE が嫌いだから」という negative choice 以上にどんな理由があるのか。その前にそもそもなぜ IE が嫌われているのか。

そういったことをもっとちゃんと考えなければ、次バージョンの IE にはもうほとんど期待できる要素がなくなっちゃうと思います。

09:34 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加