« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.27

# 電気猫は......

「愛猫そっくり」 米企業、クローン猫を5万ドルで販売

もうここまで来ています。

「テクノロジと資本主義が手を取り合って人類を不可逆な未来に導こうとしている」
"Technology and caplitalism together would lead us to some irreversible future."
---Dr. Thedarbalt

06:15 午後 サイエンス | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 女帝とは言わないんですね

『女性天皇』で有識者懇

さて問題です。日本史上いちばん最後の女性天皇は、いつ頃の何という名の御方でしょう?

最初にして最も有名な女帝といえば、もちろん推古天皇。で、あの時代からしばらくは頻繁に女帝が登場し、中でも持統〜孝謙あたりは有名なわけですが......。
実は、その後はるかに時代が下って、江戸時代にも二人の女帝がいらっしゃったのですね。不敬にして不勉強な小生、ちっとも知りませんでした。

明正天皇(在位 1629-1643)
後桜町天皇(在位 1762-1770)

きっと、この頃の江戸っ子だって、「みかどが女」なんて知らなかったんじゃないかと。

さて、東京新聞の記事ですが---

「現在の皇位継承順位は(1)皇太子さま(2)秋篠宮さま(3)常陸宮さま(4)三笠宮さま(5)三笠宮寛仁さま(6)桂宮さま−で、皇太子さまと秋篠宮さま以外の皇族は、お二人より年長者だ。」

って、問題はそこじゃないじゃん?

(1)の御方にも(2)の御方にも、男子のお世継ぎが一向にお生まれにならないから、そろそろ本気で考えておかないとこの次が心配ということのはず。なんだか、マスコミの過剰な "配慮" が笑えました。

その点、毎日新聞のこちらの記事はもっと正直です。

女性天皇: 皇室典範改正へ有識者懇 年明けに初会合

「〜皇太子ご夫妻の長女愛子さまの成長で皇位継承をにらんだ教育をするかどうかの判断を迫られていることがある。婚約の内定した紀宮さまの皇位継承を考慮する必要がなくなったこともきっかけとなったが、〜」

ということで、この手のニュースはぜひ Web 上で読み比べすることをお奨めします(笑)。

04:46 午後 社会・ニュース | | コメント (1) | トラックバック (1)

はてなブックマークに追加

2004.12.22

# また新手

グーグル検索を悪用するSantyワーム、オンライン掲示板に感染 - CNET Japan

また新手のワームです。特定のプログラムを使っている BBS を探し出して攻撃対象にします。

「自分で獲物を探し出して、見つけ次第ターゲットを攻撃する」というその挙動が、かなり本物のウィルス(ワーム)に近づいてきたようで、添付ファイル型よりよほどコワイです。

02:14 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# クチビルゲ

リブ・タイラー男児出産。気になる唇は?

なんと失礼な見出しでしょう。ププッ。

12:34 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# さすがに中国

中国にプレステ偽造団、日産5万台規模

日産 5 万台、これはスゴイです。報道元が Financial Times ですから、よもや中国人お得意の誇張数字表現ではないでしょう。さすが中国。スケールが違います。しかも刑務所内に部品が運び込まれて、そこで組み立てられているという実態。脱帽。

12:30 午後 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2004.12.21

# きれいな爆弾

北極の氷河から「死の灰」計測 核実験の年代ごとに - asahi.com : 社会

1945-80 年の 35 年間に行われた核実験の回数はおよそ 510 回。この地球上で、毎月 1 回以上のペースで核爆発が起きていたことになります。

12:46 午後 社会・ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2004.12.20

# そうには違いないが

女子大生に聞く: 今時の男子は「幼児的、バカ、無責任」

ごもっとも。男子学生を庇う気は毛頭ありませんが---
「じゃあ、おまいらはどーなんだい」と、これを読んだおぢさんたちの多くは思っているはずです。追跡調査が待たれます ^^。

日本人は、平均寿命の延びに比例して未成年期も間のびしてしまったことは確かなようで、今の大学生のメンタリティは昔なら小学校高学年、よくて中学生レベルと推定されます。その年齢なのだと考えれば、精神年齢の発達に歴然とした男女差があって、同年代の男の子がバカに見えてしかたがないというのは、昔から言われていることであります。

05:00 午後 社会・ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# ネオジャパネスク?

Wired News - オタクのための東京ガイドブック - : Hotwired

Wired ならではのネタですが、「出るべくして出た」感の強い一冊ではあります。

小生ら日本人にとってさえ、単なる電気街だったのはもうふたも前の話。もはやパソコン街とすら言えなくなったアキバ。中心地には怪しげな黒いビルが建ち、メイドさんやスパイダーマンが何の違和感もなく溶け込み、なにより若い男だけのグループが一向に臆することなく歩けるこの街は、やはり「オタク街」と呼ぶしかないのでしょうね。

参考サイトは、この辺でしょうか。

03:30 午後 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2004.12.19

# RotK-SEE

RotK の SEE 英語版が今朝届きまして。

「やっぱ、このシーンがなくちゃいかんでしょう」、「うん、これがあればあのシーンのあの台詞も活きてくるね」という感じで、個々の追加シーンや再編集チャプターには納得できるものも多かったわけですが、Mount Doom 以降はまったく変更なしというところが、いやはや何ともであります。

何を隠そう、RotK はちょうど昨年の今頃海外のスクリーンで一足先に数回観て、国内では先行上映に行ったきり公開時には結局 1 回も劇場に足を運ばず、DVE-CE(通常版ね)も駆け足で観ただけというありさまで、映画版 LotR についてはほぼ離脱状態だったおかげで、Grey Havens あたりはまぁ改めてそれなりの感慨もありましたが、全体の印象は SEE でも劇的に変わることはありませんでした。

三部作トータルでは合格点を付けてもよいと思いますが、FotR を観て TTT 公開を待っていたときの絶大な期待感を思い出すと、とおーい目になってしまいます。

小説でも漫画でも、「原作ファン」たちはその映像化のたびに幾度となく、多大なる期待となにがしかの不安、わずかばかりの満足感と圧倒的な絶望感を味わってきたわけで、今回もまた一つそれが繰り返されたに過ぎないのでした。ここらでそろそろ、割り切ってどっちも楽しんでしまおう的スタンスに落ち着けばよさそうなものですが。

12:58 午前 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2004.12.16

# 喉元を過ぎた話

「冷戦より難問」:ノーベル化学者のR・スモーリー、エネルギー問題に警鐘 - CNET Japan

「現在の地球人口は約 60 億で、1 日に消費するエネルギーは石油 1 億 5000 万バレルに相当。2050 年には人口が 100 億人に達するが、石油資源は 2020 年をピークに減少に向かう」のだそうで......。

小生らが子供の頃からいくどとなく話題になり、そのたびに人類の喉下を過ぎていった話です。

05:39 午後 社会・ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 愚かしき貪欲

ITmedia エンタープライズ:PeopleSoftの終焉を招いたのは何だったのか

エンタープライズ・アプリケーションはゲームソフトではないわけで、いずれ市場が飽和しちゃうなんてことは素人だって判ります。まあ、かような製品の度重なるバージョンアップも小生には飯のタネだったりするので何ですが...。

"In order to keep the gears spinning, new license revenue has to be generated in order to keep services and maintenance revenue up, As the top end of the market is already saturated, new license revenue has come from upselling existing customers."

エンタープライズ・アプリケーションがビジネスを続けるには、新たなライセンス売上を得ることが必要。しかしマーケットはもう飽和していて、既存顧客にもっと高い製品を売るしかなくなる。ライバル企業との顧客の奪い合いには莫大な営業コストがかかる。

つまり、顧客を奪い合う体力に不安を感じた IT 企業が折りよく 2 つそろうと、その時点で少しでも体力を残している方がもう一方を呑みこんで、なんとか一息つく。それが合併吸収劇の実相なのですね。

じゃあ、そうやってトーナメントを続けていって、最後に残った企業の製品もマーケットにほぼすべて行き渡ってしまったら、その後はどうすんの? そんな素朴な疑問を、いいかげん人類は真剣に解決しないといけないはずですが---。

橋本治 『二十世紀』 上下巻(ちくま文庫)

この本も、こんな "長年の大疑問" を考えるきっかけになりました。

01:22 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (1)

はてなブックマークに追加

# 多いのか少ないのか

Linuxカーネル2.6のバグは商用ソフトより格段に少ない : IT Pro US News Flash

「一般的な商用ソフトウエアでは 1000 行ごとに 20〜30 カ所のバグが存在するのに対し、Linux のソース・コードに含まれるバグは 1000 行あたり 0.17 カ所」なんだそうで。

12:36 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2004.12.15

# 「百式」さんより

「百式」さんで毎日紹介されるネタにはたびたび感心させられますが、今回は本当に唸らされました。とある理由により、この売り方はまさに我が家にこそ相応しいと言えるのでした。

ワンセットを疑う

「靴下隠し」という妖怪がいます。
ちゃんと一足ずつ揃えて使っているはずなのに、ふと気付くと片方しかない...。これは妖怪・靴下隠しの仕業です。その姿や生態は水木大先生の妖怪図鑑にも載っていませんが、少なくとも我が家には間違いなく棲息しているようです。
決して両方とも隠したりはしない。必ず片足分だけをしまい込み、しばらく経つとあらぬ場所にそれを放置しておく。どうも、残った片足分の処理に困っている人間の様子を楽しんでいるらしいのでした。

このメーカーの靴下を買いおきしておいたら、靴下隠しはどんな行動に出るのか、今から楽しみです。

12:14 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 「Oracleはさらに強大に」――PeopleSoft買収成功のエリソンCEO

ITmedia エンタープライズ:[WSJ]「Oracleはさらに強大に」――PeopleSoft買収成功のエリソンCEO

1 年半もかけて、その執拗さはいったい何なんだ、というニュースです。その間の経緯は、たとえばこちらにずらっと並んでいます(これでも全部ではない)。

ところで、エリソンの粘り勝ちみたいな論調のニュースが多いのですが、当初 1 株当たり16ドルだった買収提案が最終的には 26.5 ドル、総額 103 億ドルで決着したわけですから、これはどう見ても「粘って売ったもんの勝ち」ですよね。ニュースを追っている過程では企業どうしの意地の張り合いのように見えてましたが、PeopleSoft 側は案外、冷静に商売していたのかも。

そして今日は、Symantec が Veritas を 130 億ドルで買収交渉中、というニュースです。

会社そのものが最終かつ最大の売り物---これが資本主義の究極形態なんですか、と門外漢の小生は素朴に疑問です。

12:05 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2004.12.13

# IBM PCの歴史を振り返る

ITmediaニュース:IBM PCの歴史を振り返る

例によって、日本語記事にはない写真が英文記事の方にはあります(ページ末のリンクから飛べます)。

"They probably wish they had made it more proprietary, like Apple,"
「Apple 社のように、IBM PC ももっとプロプライエタリな路線をいけばよかったのに」

というのが IBM PC 愛好家の言葉だそうです。Apple の徹底したプロプライエタリ路線---ごく一時期の例外を除いてクローンを一切認めず、ハードも OS も自前で貫くという---は、ずいぶん長い間 Apple を困らせていたはずでしたが?
現時点では、その Apple の路線が結局は成功し、クローンを野放しにした IBM が失敗だったという結論になるのでしょうか。

そして、両社にソフトウェア供給という形で関わり(Excel のバージョン 1.0 は Mac 用です)、自らは決してハードに手を出さなかった Microsoft の判断が、やっぱり正しかったということになるのでしょうか。

12:24 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2004.12.10

# productive

ノートPCの発熱で生殖能力低下 - CNET Japan

CNET からもう一つ。ほとんどキワモノのようなネタですが、これも日英の比較が面白いのでご紹介。

「職場での生産性を優先するか、それとも家庭での生産性をとるかという難しい選択を迫るものかもしれない。」---タイトルから考えれば、まあ言わんとするところは判るのですが...原文はこうです。

a dilemma may emerge on whether to be productive at work or in the bedroom.

直訳すれば「職場と寝室のどちらで生産的になるか」。日本語の方はだいぶマイルドになってしまいました。productive のおかしさを「家庭での生産性」と表現したのかもしれませんが、伝わりきっていません。「職場でがんばるか、ベッドでがんばるか」なんて訳したいところですが、編集段階でボツにされそうですね。

そういえば、映画 The Lord of the Rings 第1部のDVD-SEE(Special Extended Edition)に追加されたシーンにも "productive"、出てきますね。子だくさんの親戚を見かけた Bilbo Baggins のセリフです。
Bilbo: Good gracious, you have been productive.

日本語版の字幕はどーなってましたっけ?

12:59 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 今日のマクニーリさん、その 3

サンCEOのマクニーリ、マルチコア・プロセッサに対するオラクルの価格体系を非難 - CNET Japan

いえ、別にマクニーリ氏のファンだということでは全然ないんですが、IT 系ニュースを見ていて、連日こうもネタをご提供いただいているので、表敬連載っつーことで :)

ところで、IT 系ではあってもやはりニュース=マスコミ文体なので、もとの英語は色々とユニークな表現や微妙なニュアンスにあふれていても、日本語の方はわりとニュートラルに訳されてしまっているものです。HOTWIRED Japan のニュースは比較的直訳が多くいのですが、CNET はとにかく真面目な訳文です。

たとえば、第 2 パラグラフはこんな感じです。

The brash McNealy twice criticized a significant detail of how Oracle sells its software based on how many processors a server has. And he didn't pick an out-of-the-way venue: he spoke to thousands at a keynote speech at Oracle's own OpenWorld conference here.

「McNealyは、マルチコア・プロセッサに対するOracleの課金方法を非難した。しかも、Oracle主催のカンファレンスであるOpenWorldの会場の、何千もの聴衆を前にした基調講演の場にて、である。」

brash 「大胆な、図々しい」という修飾語がなくなってますが、確かに日本語のメディアではこのような修飾語は使わないのが普通でしょう。

"he didn't pick an out-of-the-way venue"「人里離れた場所を選んだわけではなかった」=「人の大勢いるところで発言した」というのもなくて、「しかも〜にて、である」という表現にとどめています。日本語の慣用句なら「公衆の面前で」といったニュアンスでしょうか。

12:39 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 宇宙から来た Java 開発者

Oracle Technology Network (通称 OTN) の英文ニュースレターで昨日届いていたネタが、CNET にもさっそく載りました。これも、タイトルからして日英文にはげしい落差があります。

I married a Java developer from outer space!

「特賞は宇宙飛行--オラクル、Java開発者向けのコンテストを開始」

原題の元ネタは、"I Married a Monster From Outer Space"(邦題 『宇宙船の襲来』) という、やはり 50 年代の SF 映画ですが、そこに "Java developer" という現代的な職業名を当てはめたセンスが実に秀逸。

記事の中でもう一つ、原文の方が約 2 倍笑えるところが、これ。
As a bonus, Schultz promised that Oracle CEO Larry Ellison will not be joining the winner.
「また、SchultzはOracleのCEO(最高経営責任者)Larry Ellisonが同乗しないことも約束した」

さて、コンテストの詳細は CNET の記事に譲りますが、賞品の詳細が素晴らしいですよ。

・4 日間の事前訓練プログラム付き
・10 万キロ上空から地球を眺めます
・5〜10 分の無重力も体験できます
・35,000 ドルのキャッシュもおまけ

などなど、ひっくるめて $138,000 相当(1500 万円くらい)なんだそうです。ちなみに、2 位以下の賞品は、Apple PowerBook G4 (2名様)、iPod (5名様)、Star Wars Trillogy DVD (10名様)。ごくごく普通の景品たちでした。

12:23 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2004.12.09

# 今日のマクニーリさん、その 2

ITmediaニュース:「LenovoにJavaデスクトップ売り込む」とSunのマクニーリー氏

で、基調講演で悪戯写真に引っかかってしまったすぐ後に息まいていたという話がこれ。Lenovo をめぐっては、これからもいろいろと IT 業界が騒然としそうです。

11:36 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 今日のマクニーリさん、その 1

サンCEOのマクニーリ、加工写真にまんまとだまされる - CNET Japan

インターネット上での悪戯に、あろうことかマクニーリ氏が引っかかってしまったという、まあこれは笑って済むレベルの話で幸いでした。しかもそれが OpenWorld の基調講演だったというところが、ブログに恰好のネタなのでした。


Oracle-Sun 連合の恥はともかくとして、この写真は良いですねぇ。50 年代 SF 映画テイストそのまんまです。初代の「蝿男」 とか『宇宙戦争』とか、まさにあの辺の雰囲気たっぷりです。

というわけで、ついでに Urban Legend がこの写真を論じているページがこちら。ページの一番下に、スミソニアン博物館にある実物の写真も載っています。

11:01 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2004.12.08

# Firefox に続いて

Thunderbirds Are Go!

Firefox 1.0 に続いて、予告どおりメーラーソフト Thunderbird がリリースされました。となれば、やはりこのフレーズでしょう、ということでご紹介。
RSS リーダー機能も気になりますが、スパム/ジャンクメール・フィルタの学習機能がどの程度のものかも、検証の予定です。

映画の方は大失速しちゃいましたが---監督の Jonathan Frakes、真面目すぎたんだと思うけど---、ソフトウェア Thunderbird はいかに。

12:15 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# Not Well

M・デル:「IBM-レノボのPC事業合併はうまくいかない」 - CNET Japan

前回のニュースから 2 日で、中国の IT 企業レノボ(聯想)との合併が正式決定。なのですが、目についたのは次の一節。

------------------------------------
中国のLenovoによるIBMのPC事業買収は業界内のほかの合併と同じくらいうまくいくと、Michael Dellは述べる。だが、もちろんこれは「うまくいかない」という意味である。
------------------------------------

原文記事の該当箇所はこれです。

A deal that would let China's Lenovo acquire IBM's PC unit would work about as well as other mergers in the industry, Michael Dell said--that is, not well.

同等比較なので、確かに「other mergers と同じくらい」という表現そのものは、その成否を保証していないのでした。
そういえば、日本語だと、「あの人みたいに負け組みになっちゃだめよ」と書いた場合、「あの人」が負け組みなのかそうじゃないのか曖昧になります(「ように」を使っても同じ)。英語でも日本語でもそれぞれに比較表現の weak point があるというお話でした。

12:13 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2004.12.07

# あまりに当然ながら

MSN-Mainichi INTERACTIVE 話題

我が子らから学校の様子を聞いていれば、まぁ当然すぎる結果が出たわけで。データの信憑性を多少割り引いても、前回から 4 年間でこの下落ぶり。

>文科省は(中略)前例のない表現で危機感を示し

--- なんだそうですが、アレ、あんたら確信犯ではなかったんですか?

12:59 午後 社会・ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2004.12.06

# 「タロン」だって...

米陸軍、マシンガンを装備したロボット「Talon」を2005年導入へ - CNET Japan

また、現実が SF の世界に一歩近づきました。浦沢直樹がアトムのトリビュート作品を始めたというのは、時代的になかなか見事だったのかもしれません。

とは言っても、写真を見ると、まだヒューマノイドではないようですが。

ところで、こいつの名前は Talon。
普通名詞なら、猛禽類のかぎ爪(claw of a bird of prey)。スタートレック の世界では、ロミュラン人の宇宙船にタロン級というのがあるそうな。EverQuest の世界には、Vallon Zek と Talon Zek という兄弟がいますね。

12:55 午後 社会・ニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 高いのか安いのか

ITmediaニュース:「おじいちゃんの幽霊が怖い」――息子のために父親の霊をオークションにかけた女性

何とも "今どき" な対応をなさるお母さんですが...。入札最高額の 78 ドルって、父親の霊の価格 ? としては高いんでしょうか、安いんでしょうか。まあ、入札した人にしてみれば、赤の他人の幽霊なわけですが。

12:46 午後 社会・ニュース | | コメント (1) | トラックバック (1)

はてなブックマークに追加

# 巨人は小回りがきかないか?

Japan.internet.com Webビジネス - IBM、パソコン事業から撤退か

先週 Gartner が、お得意の 予言 を出したばかりで、その記事も書こうかなと思っていた矢先のニュースです。

この予測の中でも「HP と IBM が特に〜」と言われていたわけですが、巨人 IBM もとうとう...ということではなく、やはり巨人ゆえにこそ "パーソナル" な需要に細かく対応するような小回りはきかないのだろうという気がします。

IBM の次は、これも予測どおり HP でしょうか。日本での勢い(の無さ)を見ると肯ける気もします。その次は、東芝ですか?

12:07 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# 臆面もなく

「ドラえもん」そっくりキャラ、米国政府関連団体サイトに登場で物議

やや古くなったネタですが...。ビミョーだなぁ、これ。
えっと、FCC の問題のサイトはこれです。

明らかにパクリとも見えるし、ネコをモチーフにして二足歩行させたら、何人かは案外この手の絵を思いつくのでは、という気もするし。いずれにしても、公共の機関が採用する意匠としては、かなり情けないと思います。個人的には、この絵みたいな線、嫌いじゃないですけど、ポケモンを知ってしまったあちらの子供には、はたして受けてるんでしょうか。

ちゃんと洋服を着ているところが、本家より civilized ですか。ほとんど囚人服だけど。

06:54 午前 アニメ・コミック・サブカル | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2004.12.03

# 私家版英語辞典、公開

しばらく前から、「普通の辞書ではほとんど見かけない英語」を書き溜めていました。仕事上の必要に迫られたものなので、IT 関連用語がメインです。右カラム「帽子屋のブログ」からどうぞ。

12:34 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# Final Wars, Final Mess

GODZILLA FINAL WARS - A Not-So-Beautiful Mess

CS 日本映画専門チャンネルが、GFW 公開記念と称して前作までの全作を毎晩放送していまして、本編の合間に流れる何パターンかのスポットも見てしまったわけですが、シリーズの掉尾を飾るのが、あんな超駄作ではゴジラも浮かばれません。

まだ TV スポットしか見ていない小生ですが、スポットだけでも十分わかるくらい悲惨な出来の模様。その悲惨さ情けなさが、冒頭にあげた記事に的確に書かれていますので、ポイントだけご紹介。

------------------------------------------------
Simply as a film, GFW is a wretched mess.
「単に映画として言えば、GFW は悲惨なくらい滅茶苦茶」

If I had the movie on tape or disc, ... it would be one of the worst movies in my collection.
「私のコレクションにこの映画があったとしたら、〜ワーストの1本でしょう」

There is no consistency in any element of the film. It isn't at all clear what kind of movie director Ryuhei Kitamura was trying to deliver.
「映画のあらゆる要素が一貫性を欠いていて、監督の北村龍平がどんな映画を目指したのかまったく判らない」

It is an uneven mish-mash of sci-fi, action, fantasy, children's movie, kaiju eiga and perhaps even parody.
「SF、アクション、ファンタジー、お子様映画、怪獣映画、そしてパロディの寄せ集め」

There were moments of comic relief, but it is unclear which were intentional and unintentional.
「コミックレリーフ(喜劇的手法によるハズシ)も挟まるが、笑わせどころがはっきりしない」

It's possible that these elements could have supported each other and succeeded in the hands of a more sophisticated director, but I'm afraid Kitamura is not the one.
「監督の腕が良ければ、同じ要素がうまく絡み合って成功したのかもしれないが、あいにく北村監督には荷が重かったようだ」

The special effects in some ways manage to illustrate the problems with the entire movie. They ranged from a very few that were breathtaking and new, to pathetic.
「この映画のまずいところは SFX に端的に現れている。ごく少ない息を呑むような新しい SFX から、目も当てられないものまでばらばらだ」

More often than not, the awful effects were the result of poor CG or clumsy compositing. This is not new to the Godzilla film, of course, but the sheer amount of overly-ambitious and poorly executed effects left me wondering, "If you didn't have the time, money or skill to do it, then why do it?"
「SFX の悲惨さは、お粗末な CG と下手な合成が原因。もちろん、それがゴジラ映画のお約束なんだが、目指すは高く為せるは低いその出来を見ていると不思議でならない。"時間も予算も技術も届かないことを、なんでやろうとするかなぁ?"」

...and the next you would see an embarrassing shot of Kamacuras attacking an EDF airship that looked like a child's home video.
〜カマキラスが地球防衛軍を攻撃する次のショットは、子供が撮ったホームビデオ並みで、観てる方が恥ずかしくなるくらい」

(この後さらに、拙い演技、支離滅裂なストーリー、不適切な編集など厳しい指摘がビシバシ続きます。)

------------------------------------------------
またいつシリーズが復活するか知れたものではありませんが、とりあえず日本映画の恥をさらすような映画はぜひとも Final にしていただきたいものです。

え、今回は「ハムたろう」併映じゃないんですか、へぇ〜。

12:15 午前 映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (2)

はてなブックマークに追加

2004.12.02

# 「猫目」と書けば「ねこめ」ですね

dawn: 犬はネコ目

トラックバックの実験を兼ねて昨日書いた記事でしたが、やはり「ネコ目イヌ科」には抵抗のある人が多いようなのでした。

このサイトを見ると経緯がよく判ります。
・「目」以下の分類項目はカタカナにする
・それぞれの動物群を代表する動物名で表す
という要旨だそうで、だから「齧歯目」は「ネズミ目」、「食肉目」は「ネコ目」。

さすが本邦の文部省(当時)。やることが、いつもながら思い切りズレてます。本邦では、常識的な市民が抵抗や違和感を感じる事象のほとんどが、お役所の決めた約束事であるという定則の一例でした。

12:49 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (1) | トラックバック (1)

はてなブックマークに追加

# Firefox その後

Firefox、いい感じです。まだ英語版ばかりのようですが、拡張機能をインストールすると、Opera で便利だった機能もいろいろと実装できるので、どうやら完全移行の方向に動きそうです。

まずインストールしてみたのは、All -in-One Gestures という拡張機能。

Opera を愛用していた理由の一つがマウスジェスチャーなのですが、この拡張機能のおかげで、まずこの点はクリアできたことになります。しかも、
・Opera より自由なカスタマイズが可能
・マウスを動かしたときの軌跡を描画
・ジェスチャの判定が Opera より優しい(ある程度いい加減な動きでもちゃんと機能する)

そんなわけで、しばらくは散発的に Firefox のことを書くことになりそうです。

12:16 午後 パソコン・インターネット | | コメント (1) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

2004.12.01

# ネコ目イヌ科

11/23 は勤労感謝どころか、娘 2 人連れて 1日中、動物園を歩き回りました。動物園は久しぶりでしたが...知ってますか、「ネコ目イヌ科」って?
原語の Carnivora を、以前は「食肉目」と訳していたのですが、しばらく前から「ネコ目」と称することにしたのでした。だから、タヌキもアライグマも「ネコ目イヌ科」です。

※この記事は、トラックバックの実験のため、以下のページを使わせていただきました。

トラックバック野郎

それにしても、「トラックバック野郎」というタイトルでこのイラストというのは、一定年齢以上じゃないと受けないのでは?

08:14 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# またも中国ネタ

Japan.internet.com Webビジネス - 中国政府が『Google News』へのアクセスを遮断

しばらく前から中国政府は、インターネットに対するムダな抵抗を試みつづけているわけですが...。そのこととは別に、今日のこのニュース、翻訳のせいで妙に読みにくいことになっています。

たとえば、次の一節を日-英で並べてみました。

〜同グループはそのうえで、中国政府に迎合し、中国版サイトをフィルタリングしているとして Google を非難している。
...The organization also accused Google of pandering to Chinese interests and filtering its Chinese-language site.

翻訳を読んだときは「監視グループが中国政府に迎合している」というくだりで頭がねじれてしまったのですが、なんのことはない「Google が迎合して、フィルタリングしている」ということでした。

ほかにも、英文に書いてあって訳文では割愛されている部分があって、

As much as 80 percent of the country's Internet traffic flows through ChinaNet, a subsidiary of China Telecom.

こういう基本的な事実はきちんと抑えておいてほしいと思います。

原文記事:
China's Google Block Sparks Media Group's Protest

07:48 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# ブラウザの話題その2

...という記事を書いた翌日(12/1)には、こんな記事が。

Netscapeの新ブラウザは、FirefoxとIEの「どっちも採り」

まだ β ですが(しかもクローズド?)、ちょっと興味ありです。もともと I.E. になど微塵も執着はないのですが、I.E.コンポーネント使わねばならないサイトが山ほどあることも事実なので、どうしても動かされてしまいます。AOL も思い切ったこと、やるもんです。

だけど、I.E. コンポーネントを使うというのは、I.E. のセキュリティ面の弱さをずーっとアピールしている反対陣営の立場としてはどぉなんでしょうね。

12:59 午後 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# ブラウザの話題

Opera から Firefox に本格的に移行するかどうか...ここしばらく、いろいろと使い比べながら迷ってみています。

小生は最初のリリース以来一貫して Opera ユーザーなのですが、ここの運営にはもっぱら Firefox を利用しています(というわけで、Opera でも、もちろん I.E.でも、表示はたぶん最適ではありません)。

Netscape には 2.0 の頃からお世話になりましたし、CSS 解釈の酷さにぶつぶつ言いながら、しばらく前までは Mozilla もときどき使っていたのですが、やはり Opera の便利さは画期的でしたでした。
Opera も CSS 解釈が時折なんともどうにも、ではあるのですが、ブックマーク管理、メモ機能、そしてマウスジェスチャーに慣れてしまうと浮気もなかなか難しくなります。

Firefox は、かなりいい線いってます。プラグインがどんどん充実してきているので、このまま順調に納得できる形に進化していけば、小生も全面的に Firefox ユーザーになる日が来るかもしれません。
でも、まだ Opera のブックマークを完全にはインポートしてくれないんですよね。区切り線は無視されるし、なぜか一部のブックマークがフォルダ単位で消失してしまうし。

で、今日30日にはこんなニュースが。
---全主要ブラウザに影響する脆弱性発見

12:34 午前 パソコン・インターネット | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加

# retcon について

retcon = retroactive continuity: 定訳なし。直訳すれば「遡及的な連続性」

The common situation in fiction where a new story "reveals" things about events in previous stories, usually leaving the "facts" the same (thus preserving continuity) while completely changing their interpretation.
(フィクションにおいて、前作の出来事に関する新しいストーリーが "明らかに" されること。通常、事実はそのままにしておき---したがって連続性を保たせておいて---その解釈を変えるという手を使う)

Wikipedia は本当に便利だ。用語集のネタを探していて、ふと Godzilla をひいたら、英文であるにもかかわらず「ゴジラ」の語源まで書いてあったりして、けっこう面白い。ただし事実誤認もあるので、機会があれば指摘してあげよう。

Godzilla died at the end of the original 1954 film. Subsequent films in the series retconned the first movie by assuming that Godzilla wasn't killed, and that the body of the monster was never found.
(ゴジラは1954年第1作のラストで死ぬが、シリーズ第2作では、実はゴジラが死んでおらず、その死体が見つからなかったのだと retcon された)

『ゴジラの逆襲』に登場したのは2匹目なんだってば。第1作ラストの志村喬の台詞がちゃんと伏線になってるんだから。で、目についたのが、ここで使われている "retcon" だ。

この単語、普通の辞書には載っていないのだが、Jargon File にはしっかり載っている。

retcon = retroactive continuity: 定訳なし。直訳すれば「遡及的な連続性」

The common situation in fiction where a new story "reveals" things about events in previous stories, usually leaving the "facts" the same (thus preserving continuity) while completely changing their interpretation.
(フィクションにおいて、前作の出来事に関する新しいストーリーが "明らかに" されること。通常、事実はそのままにしておき---したがって連続性を保たせておいて---その解釈を変えるという手を使う)

つまり「ところがどっこい」的に強引な設定変更のことだ。
「沖田艦長は死んだ。ところがどっこい、脳死ではなかったので蘇った」とか「アッシュは死んだけどクローンがいた」とか(これは結局、文庫版最終巻あとがき筆者の妄想で済んだけど)、「有末静のクローンが作られた」とか(こちらは実現しちゃった話)...。

Wikipediaもエラいが、Jargon Fileもやっぱりエラい。

12:20 午前 翻訳・英語・ことば | | コメント (0) | トラックバック (0)

はてなブックマークに追加