2019.07.17

# SII DAYFILERからの移行を考える、2019年7月版、参考価格付き

昨日、リストをアップしましたが、せっかくなので、

移行する場合の参考価格

も付けて更新してみました。一部、修正もあります。

ダウンロード - migration_from_df_190717.xlsx
(Excelファイル:約13KB)

価格は、7/17時点のAmazonやLogoVista、AppStoreなどで調べたもので、変動はありますから、ご注意ください。特に、アプリは安売りのタイミングが狙いどき。

合計金額はあえて書きません(笑)が、あらためて、電子辞書端末のコストパフォーマンスには驚かされます。

 

予算に余裕があるなら……
・LogoVistaでメインをそろえ、英英はオンラインでまかなう
・アプリでメインをそろえ、英英もそろえる

予算に余裕がなければ……
・有料オンラインでメインをそろえ、英英はオンラインでまかなう
・PC上には、少しずつ予算をかけて増やしていく

というところでしょうか……。ちなみに、オンラインの場合

・KODアドバンスト:1年間11,880円 
・JKパーソナル+R  :1年間21,600円

です。

 

-->続きを読む

12:38 午後 翻訳・英語・ことば 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2019.07.16

# SII DAYFILERからの移行を考える、2019年7月版

Facebookでまた、DAYFILERユーザーさんの投稿がありました。

辞書ビジネスから撤退してからもサポートだけ続けてくださっていたSIIさんですが、そのサポートも

2020年3月末

でとうとう終了するということです。

ちなみに、Windows 7はそれよりひとあし早く、2020年1月14日にサポートが終了します。

で、DAYFILERからの移行については、以前に記事を書きました。

リンク:# SII DAYFILERからの移行を考える

その後また状況も少し変わっているので、最新の状況を一覧表にしてみました。

ダウンロード - migration_from_df_190716.xlsx
(Excelファイル:約12KB)

 

 

-->続きを読む

11:52 午前 翻訳・英語・ことば 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2019.07.07

# 今野真二『日日是日本語』

『日本語が英語と出会うとき』に続いて、こちらも読みました。

『日本語が英語と出会うとき』と違って国語系・国文学系の話が圧倒的に多いので、私には最初のうちちょっと取っつきにくかったのですが、読み進めていくとなかなか味わい深く、示唆に富んだ一冊です。

感想をひとことで。

研究室のお金でいろいろと古書を買えるの、うらやましい~

そう叫びたくなるくらい、いろいろな古書が出てきます。大半は国文学系なので私には無縁ですが、なかには古い辞書もあって、もちろん無制限ではないでしょうが、研究室として購入できるんですね。

そういえば、6月1日のトークショーのときも、日国の初版セットが大学にはなくなっていて(しばらく前に処分されたらしい)、今回のイベントのために古書でそろえ直してもらった、とおっしゃってました。

 

-->続きを読む

01:41 午後 書籍・雑誌 翻訳・英語・ことば | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2019.07.03

# 第29回 JTF翻訳祭、受付が始まりました!

ちっとも書いてませんでしたが、日本翻訳連盟(JTF)が開催する翻訳祭、もちろん今年もあります。

昨年は京都でしたが、今年は関東に戻ってきます。

リンク:第29回 JTF翻訳祭 2019

日時:10月24日(木)9:00受付開始

会場:パシフィコ横浜

1907031

プログラムも決まり、7/1(月)から参加申し込みが始まっています。

今年のプログラム、機械翻訳まわりのセッションもそれなりにあって、これはもう避けようにない流れなわけですが、一方で個人翻訳者向けの翻訳ストレートのセッションもかなり用意されています。乞うご期待!

なお、今年も早割(9/30申し込みまで)があるほか、

会員と非会員の差が大きい

価格設定になっている点は、あらかじめご了承ください。

・会員早割      5,400円(税込み)
・非会員早割   10,800円(税込み)
・交流パーティー   7,560円(税込み、一律)

です。ともに、早割を過ぎると5,000円アップとなります。

 

定員はわりと多めですが、昨年が京都開催だった分もあって、早めに定員に達する可能性もあります。お申し込みはお早めに!

01:20 午前 JAT・JTF | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2019.06.28

# sexual orientationは「性的指向」

あるSNSの利用規約についての翻訳がきっかけで、

sexual orientation

という用語の訳語を調べてみました。

まず参考として見つけたのが、こちらの記事です。

リンク:ヨミドクター:虹色百話~性的マイノリティーへの招待 第5話 性は3つの組み合わせ

やや長くなりますが、引用します。

なお、sexual orientationに性的指向の日本語をあてたのは、学者でも研究機関でもなく、1990年代に「府中青年の家裁判」を提起したアカーという当事者団体です(現、特定非営利活動法人動くゲイとレズビアンの会)。同性愛は個人の趣味や嗜好しこうと言われていた時代に(現在でもその誤解は遍在していますが)、「気づいたら、自分は同性に意識が向いていた」「選んだわけじゃない」というorientationがもつニュアンスを出すために、嗜好でも志向でもない「指向」が選択されました。その点を取材に来た記者にさんざん説明したにもかかわらず、デスクや校閲で「性的嗜好」や「性的志向」に直されて紙面に出て悔しい思いをしたことも、数かぎりないといいます。

これに続いて、『広辞苑』では第六版に「性的指向」が載ったと書かれていたので、まず確かめてみます。

1906281
(クリックで拡大します)

たしかに、「嗜好」でも「志向」でもなく、「指向」となっていますね。「嗜好」がふさわしくないのは明らかだとして、「志向」か「指向」はなかなか難しい。今回、この問題には立ち入らないことにします。

ちなみに、これはPASORAMA(DF-X10000改)で引いた画面。『広辞苑第六版』は、これか、SIIの「語句楽辞典」しかないんですよ、手元。EPWING版かLogoVista版、あるうちに買っとけばよかった……。

さて、上の画面には、広辞苑のほかに研究社和英大もヒットしています。そちらの表記は

性的指向[志向]

となっています。

ほかの辞書の表記はどうなっているのか、おもしろかったので調べてみました。

-->続きを読む

01:17 午後 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2019.06.18

# 最近の読書術(ってほどでもないけど)

「読書術」というほどたいそうなことではありませんが、紹介しておきます。

しばらく前から、本にはブックカバーを使うようになりました。

1906181

左から、文庫サイズ2種、新書サイズ、単行本サイズです。

で、右折り返しのところに、こうやって付箋を両面テープで接着します。

1906182

こうしておいて、読みながら付箋をペタペタ貼っていく。

読み終わった後で、前回の記事のような読書記録は、貼った付箋をたどりながら書きます。これをやると、二度読みまではいかないまでも、自分の記憶も思い出しながら書いていくので、本の内容がわりと頭に定着する……気がします。

-->続きを読む

11:10 午前 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2019.06.13

# 今野真二『日本語が英語と出会うとき』

6月1日に開催されたトークイベント「来たるべき辞書のために」(ジャパンナレッジ主催)は、期待どおり、なかなか充実した内容でした。

といっても、「翻訳者が辞書を使う」という実用のうえで参考になるというより、やはりあくまでも「辞書というモノが好き」という人種向けだろうと思います。

この本も、その延長上にある感じで、翻訳者に即おすすめという内容ではありません。

もちろん、持参してちゃんとサインをもらってきました(仲介してくださったネットアドバンスのNさん、ありがとうございます!)。

 

-->続きを読む

10:36 午前 書籍・雑誌 翻訳・英語・ことば | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2019.06.11

# Google検索のヒット件数はほぼ当てにならない

すでに同様の報告は数年前から上がっているようですが、改めて確認しました。

検索して最初に表示される「約○○○○件」という数字は、どうもまったく参考にならないようです。

きっかけは、「パーソナライズな」という表現がアリかナシかというのを調べはじめたことでした。

1906051

 

おお、ほんとだ。ずいぶんヒットするねえ……。と思いつつページを下にスクロールしていきます(ふだんは、AutoPagerizeというChrome拡張機能が動いているので、ページ単位を超えて延々と表示されますが、このときはAutoPagerizeを止めておきました)。
1906052

 

え? 十万単位でヒットしたのに2ページ? と思いつつ2ページ目に行くと、
1906053

 

あら? たったの129件?

そう、どんな仕組みか不明なのですが、ちゃんと全部のページ(ページ数が多い場合は、ある程度まで進んだページまで)をたどってみないと、正確なヒット件数は出てこないようなのです。

-->続きを読む

09:47 午前 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2019.06.10

# うんのさん、Ver 6.0.2公開

翻訳フォーラム・シンポジウムから早くも2週間たってしまいました。

標題のように、『ビジネス技術英語大辞典V6』のマイナーバージョンアップがあったということを、シンポジウムのときに海野ご夫妻からお知らせいただきました。

海野さんのこちらのサイトに情報が載っています。

リンク:『ビジネス技術実用英語大辞典V6』

1906101

細かい調整だけなのですが、V6が出たとき、見出し語のあとで改行されずに本文が続いていたのは、確かに「あれ?」という感じでした。

1906102

その点が改良されただけでも、見た目がずいぶん良くなっています。

そのほか、ラベルを「省略しすぎず見やすくした」などの変更があるそうです。

06:12 午後 翻訳・英語・ことば 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2019.06.03

# EBWin4最新版、タブモードを搭載してDockableに!

辞書ブラウザー「EBWin4」の最新版、Ver.4.7.0が公開されました。

リンク:EBWin4

作者によると、この4.7系が最終版になり、今後はあまり更新されないとのことですが、今回はかなり大きい更新です。いろいろありますが、なかでも大きいのは、

  • タブモードを採用
  • ドッキング可能(Dockable)

の2つでしょう。

1906031

-->続きを読む

05:49 午後 翻訳・英語・ことば 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2019.05.27

# 翻訳フォーラム・シンポジウム2019終了

お知らせしていたイベント、無事終了しました。

私は、メインパートでお話ししたほか、「辞書最新情報2019年版」を発表しました。参加者には、当日のスライド資料をお配りしますが、こちらでは結果だけ書いておきます。

190527_1

2019年と言っても昨年と今年のシンポジウム開催日を基準日にしているので、実際には「2018年5月~2019年4月」です。

第10位 大修館『大漢和辞典』ついにデジタル化! (2018/11)

1905271

 

第9位 関山健治先⽣の『英語の辞書へのアプローチ』2019年版公開(2019/3)

1905272

 

第8位 三省堂『現代新国語辞典第六版』が話題に(2018/10)

1905273

 

第7位 「コトバンク」に『精選⽇国』が収録される(2018/12)

1905274

 

第6位 三省堂国語辞典、タイガース版とカープ版の売れ⾏きが好調(2019/3)

1905275

 

第5位 研究所『コンパスローズ英和辞典』刊⾏(2018/11)

1905276

 

第4位 三省堂『ウィズダム英和辞典第4版』刊⾏(2018/11)

1905277

 

第3位 政村秀實『英語基本語義辞典』奇跡の復刊(2019/1)

1905278

 

第2位 物書堂統合版アプリ登場(2019/3)

1905279

 

第1位 「うんのさん」の辞書V6刊⾏(2018/5)

19052710
番外
アルク『翻訳事典2019-2020』に、EBWin4の使い⽅説明動画が収録(2019/1)
辞書エンタテインメント「国語辞典ナイト」、初の⼤阪開催(2019/5)

帽⼦屋の⼿持ち辞書が124タイトル増える(2019/5)

11:26 午後 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2019.05.18

# ジャパンナレッジのトークイベントに今野真二さん!

6月1日に、ジャパンナレッジのトークイベント第2弾があります。

リンク:来たるべき辞書のために 今野真二×佐藤宏クロストーク

1905181

日時:6月1日(土)14:00~15:30(13:30受付開始)

会場:清泉女子大学 2号館4階 240教室(品川区東五反田3-16-21)

参加費:500円

 

今回の登壇者、お一人は第1弾(後述)にも登壇なさった『日本国語大辞典第二版』の編集長・佐藤宏さん。

そして、もうひとりは、清泉女子大教授の今野真二さんです。今野さんは、最近「東大王」のテレビなどでもよく拝見しますが、何といっても

「日国をぜんぶ読んじゃった」

という変人とんでもない方です。

こんなお二人のお話ですから、おもしろくないはずがない! しかも参加費はたったの500円!!

辞書マニアはもちろん、日本語を使って仕事をしている方なら見逃せないトークイベントです。

かなり広い会場ですが、主宰のネットアドバンスさんによると、お席はかなり埋まっているとのこと。もちろん私も、フェローの授業が終わったら駆けつけます。

 

-->続きを読む

04:39 午後 翻訳・英語・ことば 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2019.05.12

# 翻訳フォーラム・シンポジウム2019 & 大オフ

こちらでの告知がすっかり遅くなりましたが、もちろん、今年もやります!

190512

5月26日(日)12:00から。場所はいつもどおり、お茶の水女子大。

そして、今年のテーマは「足さない・引かない」です。美味しいウィスキーの話ではありません。翻訳者なら誰しもピンとくる話のはず。

そのせいもあってか、第一次申し込みはあっという間に定員に達しました。直前枠申し込みは、明日

5月13日(月)正午から

です。直前枠はそれほど多くありません。どなた様も、お見逃しなく!

01:57 午後 翻訳・英語・ことば | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2019.04.18

# 辞書編集者の本 x 3

『悩ましい国語辞典』シリーズでも知られる神永暁(かみながさとる)さんの最新刊。

神永さんは、『日本国語大辞典』の元編集長。『現代国語例解辞典』や『使い方の分かる類語例解辞典』なども、神永さんが世に送り出した辞書です。

これを読んだのをきっかけに、辞書編集者の本を立て続けに読みました。

こちらは、岩波書店で『広辞苑』や『岩波国語辞典』を作った増井元さん(2013年刊)。

こちらは、三省堂『大辞林』初版を担当した倉島節尚さん(2002年刊)。

小学館、岩波、三省堂と、いずれも日本を代表する国語辞典を担当してきたベテラン編集者ならではの話をいろいろな角度から読むことができます。ばらばらでなく、続けて読んだのでよけいにおもしろかったかも。

 

-->続きを読む

11:40 午前 翻訳・英語・ことば 辞典・事典 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加

2019.04.13

# 文京区の庭園 × 3

お花見の季節に、文京区の 3 つの庭園に行ってきました。

3月27日には、夜桜を見に六義園へ。といっても、夜桜は撮影が難しかったので(カメラの限界、そして何より混雑で)、昼間のうちの写真。

1904131

 

そして、4月2日には、小石川植物園から後楽園をはしご。

1904134

 

午後は曇ってしまいましたが、小石川植物園では昼頃まで春らしい光に恵まれました。

1904135

 

-->続きを読む

11:57 午後 | | コメント (0)

はてなブックマークに追加